ギリシャ風景写真@サントリーニ島 アトランティスホテル【超広角】

greece1081_cp.jpg
6月11日(水)
夕方、サントリーニ島へ到着。
この島は紀元前に起きた火山の噴火によって島の中心部が吹き飛んだという過去を持っており、今は吹き飛ばなかった残りの三日月の形をした部分のみが島として存在しています。
主要な街はすべて断崖の上に広がっていることから、港に到着して乗ったバスは、すぐに日光のいろは坂のような道を延々と登ることに。
登りきって少し走り、島の中心都市「フィラ」にある「アトランティスホテル」に到着。
白と薄い緑を基調とした綺麗なホテルでした。
写真は、ロビーの一風景。テラスからはエーゲ海が一望できます。
※ただし、なぜか太い電線が目の前を横切っており、写真を撮るには不適・・・。残念。

ギリシャ風景写真@ミコノス島 高速船「Vodafone号」に乗り込む【超広角】

greece1073_cp.jpg
6月11日(水)
港に到着したところ、サントリーニ島へ向かう船が1時間程度遅れているとのこと。
かなり長い時間待って、ついに来た!と思ったらなんと「Vodafone」号。
ラッピングバスならぬラッピングシップですね。
斬新なカラーリングに驚きました。
双胴型の大型高速船で、アテネから乗った船と同じタイプですが、
それよりも大きめの感じでした。
このような船を現地では「カタマラン」というようです。

ギリシャ風景写真@ミコノス島 昼食もギロで。【魚眼】

greece1060_cp.jpg
6月11日(水)
昼食も各自で取る事になっていたので、どうしようか悩んだ末、結局昨日と同じ店で同じようにギロを食べることにしました。
安くておいしいから~。
今日はお店の中を激写。左の肉がぐるぐる回っているのを見ると、本当にケバブみたいですよねぇ。

ミニノートパソコン(ネットブック)プチカスタマイズ奮闘記(その16) SSDのDELL Inspiron Mini 9に役立つ無料ソフト

hdd.gif
【前の記事】
○ミニノートパソコン(ネットブック)プチカスタマイズ奮闘記(その15) DELL Inspiron Mini 9 再セットアップ
SSDを使用したDELL Inspiron Mini 9は静かです。
パソコンの中にファンがないので、無音というべきでしょう。
ただ、静かでよいといえばよいのですが、静かすぎて不安になるときがあります。
特に、「今SSDのデータを読み書きしているのか否か」を知ることができないことが不安。
「起動が終わったな~」とか、ハードディスクのときは音が静かになったかどうかで判断できたのですが、SSDへのアクセスランプもないので、まったくわかりません。
変な時に再起動をかけたりすると、データが壊れてしまいそうで怖いです。
・・・というわけで、便利な無料ソフトを見つけてきました。
その名は、「DiskState」。ハードディスクのアクセス状況を、タスクトレイのアイコンで通知するソフトですが、ハードディスクのかわりであるSSDでも利用可能です。
その他、お好みに応じてCPU使用率、ネットワーク使用率、メモリ使用量、PING応答の監視などもできるすぐれもの。
画像はInspiron Mini 9のタスクトレイですが、右から6つ目の長方形が2つ並んでいるようなアイコンがそれです。今は灰色ですが、SSDへのアクセスがあると、赤や緑にチカチカ光ってお知らせしてくれます。
今や、かかせないアイテムとなりました。作者の方、感謝で!
DiskStateの公開ページはこちら
ついでにもう一本、無料ソフトを紹介しておきます。
直感的なアイコンでバッテリ残量を表示する、「充電+第一」。DiskStateのアイコンの右隣、蛇口のようなアイコンがそれです。
DELLにも標準でバッテリーの残量を確認できるソフトが付いていますが、こちらのほうが直観的に状況がわかるので、重宝しています。ただ、私のInspiron Mini 9では、なぜか残り時間をうまく表示できません・・・。
充電+第一の公開ページはこちら。

ミニノートパソコン(ネットブック)プチカスタマイズ奮闘記(その15) DELL Inspiron Mini 9 再セットアップ

dellmini5.jpg
【前の記事】
○ミニノートパソコン(ネットブック)プチカスタマイズ奮闘記(その14) DELL Inspiron Mini 9 英語キーボードの設定で四苦八苦
ここまでいろいろとカスタマイズをやってきて、なんだかInspiron Mini 9の銚子がおかしくなってきました。アプリケーションの一部(ハードディスク化したSDHCカードに当初インストールしたものの、動作不安定のため、削除してもういちどSSDにインストールしなおしたもの)が、SDHCカードが見つからないとエラーを出したりするのです。
うーん、これは覚悟をきめて一度クリーンインストールしなおすか!
というわけで、再セットアップに踏み切りました。
早速、先日購入したDVDドライブが役立ちます(笑)。
OS(オペレーティングシステム)とドライバの再インストール手順書を探す際には、インストールガイドのページが便利です。
まずは、SSDのフォーマット(初期化)とWindowsXPの再インストール。
DELLのサイトで方法が示されています(こちら)。
指示に従い、DVDドライブに再インストール用CD-ROMを入れて、DVDドライブから立ち上げ。
当初何度再起動しても、DVDドライブを起動ドライブとして認識してくれず、普通にWindowsが起動してしまう状態が続きましたが、これはDVDドライブ(I-Oデータの「DVRP-U8XLE」)の仕様上、バスパワーで電源を供給する場合に発生することが判明。ACアダプターで電源を供給することで解決しました。
その後は淡々と説明ページの指示通りに作業を実施。
なぜか、まったく使えない24MBのパーティション1「FAT」領域を残しつつ、パーティション2「NTFS」領域にWindowsXPをインストールし、無事にWindowsの画面が表示されました。
次は、DELL独自の各種ドライバのインストール。
発売時期によって、A01、A02とCD-ROMが異なっており、DELLのサイトには、インストールの説明ページがそれぞれのCD-ROM向けに作られています。
→A01のCDはこちら。
→A02のCDはこちら。
これも、淡々と説明ページの指示通りに作業を実施。
途中、CD-ROMに入っていた無線LANドライバが、説明ページ記載の会社名と違う気がしたのですが、とりあえずCD-ROMに入っているものをインストール。
その結果、無事にすべての再インストールが終了しました。
その後、SDHCカードのハードディスク化を除く各種カスタマイズを施せば、クリーンインストールは完了です。
【次の記事】
○ミニノートパソコン(ネットブック)プチカスタマイズ奮闘記(その16) SSDのDELL Inspiron Mini 9に役立つ無料ソフト

ミニノートパソコン(ネットブック)プチカスタマイズ奮闘記(その14) DELL Inspiron Mini 9 英語キーボードの設定で四苦八苦

key_mini9.jpg
【前の記事】
○ミニノートパソコン(ネットブック)プチカスタマイズ奮闘記(その13) ミニノートパソコンに最適なポータブルDVDドライブ
DELL Inspiron Mini 9の購入時、日本語キーボードは、キーがとても小さい&変則的な並びということで、あえてキーの数が少ない(=キーのサイズはその分だけ大きくなる)英語キーボードを選びました。
※それでも個人的にはまだまだ小さくてタッチタイピングがうまくできずに苦労していますが・・・。
英語キーボードは日本語の「かな」が印字されていないので、なんだかスマートに見えますね。
下の写真は、メインで使っているHPのノートパソコン、Compaq6720sのキーです。
key_hp.jpg
これも少々変則的な並びだとネットの口コミで見かけたことがありますが、Inspiron Mini 9 と比べると全然普通って感じです。
Inspiron Mini 9 の英語キーボードは、5段配列。通常一番上にあるはずのファンクションキーが、A~Lのキーと一体化されており、たとえばカタカナ変換の「F7」を押したいときは、「Fn」+「J」ということになります。
ところが、なぜかアットマーク「@」を入力したいと思って「@」の印字がある「2」のキーを「Shift」キーとともに押しても「 ” 」が入力されてしまいます。
また、「Shift」キーと「 : 」キーを押すと、「 + 」 が入力されてしまいます。
調べたところ、一見正しく英語キーボード用のドライバがインストールされているように見えて、実はパソコンの中では日本語キーボード用のドライバが動いているためのようです。
確かに、HPのキーボードの「2」キーには、「 ” 」が印字されていますね・・・。
DELLのサポートページでは見つかりませんでしたが、こういうことは英語キーボードを選ぶことのできる日本向けパソコンにはよくあることのようで、たとえばHP 2133 Mini-Note PC(英語キーボード搭載モデル)のサポートページには対処法が載っていました。
DELL Inspiron Mini 9用の具体的な対処方法は次のとおり。
1.[コントロールパネル]ー[プリンタとその他のハードウェア]ー[キーボード]ー[ハードウェア]タブを開く。
2.デバイスの項目に「101/102 英語キーボードまたは Microsoft Natural PS/2 キーボード」が表示されているので、選択して[プロパティ]ボタンをクリック。
3.[ドライバ]タブを選択して[ドライバの更新]ボタンをクリック。
4.ハードウェア更新ウィザードがスタートするので、[いいえ、今回は接続しません]を選択し[次へ]をクリック。
5.[一覧または特定の場所からインストールする]を選択して[次へ]をクリック。
6.[検索しないで、インストールするドライバを選択する]を選択して[次へ]をクリック。
7.[互換性のあるハードウェアの表示]のチェックを外す。
8.キーボードの一覧が表示されたら、製造元を[(標準キーボード)]、モデルを[日本語キーボードPS/2キーボード(106/109キーCtrl+英数)]を選択。(別にこれじゃなくても日本語キーボードなら何でもOK)
9.警告メッセージが表示されますが、構わずに[はい]を選択。
10.ドライバの変更が終わったら、PCを再起動します。これで、一度日本語キーボードとして認識されました。
11.1~7まで同じ手順を繰り返し、キーボードの一覧が表示されたら、今度は製造元を[(標準キーボード)]、モデルを[101/102 英語キーボードまたは Microsoft Natural PS/2 キーボード]を選択します。
12.警告メッセージが表示されますが、構わずに[はい]を選択。
13.ドライバの変更が終わったら、PCを再起動します。これで正しく英語キーボードとして認識されるようになったはずです。再起動後、[Shift]キー+[2]キーで「@」が表示されたら成功です。
ちなみに、私はこの手順を見つける前に、もっとマニアックにレジストリをいじる方法をこちらのページで見つけて対処したのですが、うまくいかず、あーでもないこーでもないとやっていたら、いつの間にか治っていました。
こんなことを調べなきゃならないパソコンは、やっぱり初心者向きじゃないですねぇ。
ちなみに、日本語←→英語へのIMEの切り替えは、「Fn」キー+「Alt」キー+「Q」キーになるようですが、私はIMEの設定を変更し、本来「全確定」という動作をするはずの「Ctrl」キー+「Enter」キーの動作で切り換えられるようにしました。
○Microsoft IMEのキーの動作変更方法
1.IMEの[ツール]から[プロパティ]を選択。
2.[全般]タブ内の「ローマ字設定」の[変更]ボタンをクリック。
3.[キー設定]タブ内で、変更させたい動作を選択して[変更]ボタンをクリック。
4.新しい動作を指定して完了。
また、世の中には、キーの動作を変更するためのソフトが出回っているので、それらをつかってよく使う動作をキーに指定しておくのもよいかもしれませんね。
有名なソフト:「KeySwap」(http://www.asahi-net.or.jp/~ee7k-nsd/、フリーソフト)
【次の記事】
○ミニノートパソコン(ネットブック)プチカスタマイズ奮闘記(その15) DELL Inspiron Mini 9 再セットアップ

ギリシャ風景写真@ミコノス島 広場の一風景【魚眼】

greece1019_cp.jpg
6月11日(水)
午前中は自由行動だったので、昨日と同じくカト・ミリの風車のそば、クセニアス通りなどの路地を散策してみました。
朝の明るい日差しが、どんな風景も絵にしてくれます。
写真は、路地にあった小さな広場の一風景。
木々の緑が明るい日差しに照らされて綺麗でした。

ミニノートパソコン(ネットブック)プチカスタマイズ奮闘記(その13) ミニノートパソコンに最適なポータブルDVDドライブ

dvd.jpg
【前の記事】
○ミニノートパソコン(ネットブック)プチカスタマイズ奮闘記(その12) Inspiron Mini 9に最適な携帯ケース
DELLのInspiron Mini 9をはじめとする多くのミニノートパソコンに光学ドライブは内蔵されていません。Inspiron Mini 9なんて、Windows等のリカバリ用データはCD-ROMで配布しているにもかかわらず、です。
LANやUSB経由でデータをやり取りすればよいのですが、アプリケーションソフトのインストールやその他もろもろ、今後のことを考えて持ち運びに容易なポータブルのDVDマルチドライブを買うことにしました。
I-Oデータ製のバスパワー対応ポータブルDVDドライブ「DVRP-U8XLE」です。
楽天市場で検索する アマゾンで検索する
CDはもちろん、DVD+-RをはじめDVDーRAMなど全規格に対応しており、USBのバスパワー(USBケーブル経由で電気を供給する)だけで読み書きできるので、AC電源不要というのがいいですね。
dvd2.jpg
大きさは、Inspiron Mini 9と比べると写真のとおり。
厚みは薄く、本体重量も380gと軽いので、気軽に本体と一緒に持ち運びできそうです。
ただ、Amazon.co.jpのレビューによれば、このドライブで起動(ブート)する場合は、バスパワーではなくドライブの電源アダプタを使用しないとダメなようです。
あと、動作音が結構うるさく、振動も結構発生しているような気がするのは私だけでしょうか。
1万円以下で安かったし、動けばいいので静音性については問いませんけど・・・。
【次の記事】
○ミニノートパソコン(ネットブック)プチカスタマイズ奮闘記(その14) DELL Inspiron Mini 9 英語キーボードの設定で四苦八苦

ミニノートパソコン(ネットブック)プチカスタマイズ奮闘記(その12) Inspiron Mini 9に最適な携帯ケース

zeroshock.jpg
【前の記事】
○ミニノートパソコン(ネットブック)プチカスタマイズ奮闘記(その11)3DUSBアダプタでイー・モバイル(D02HW)を快適に!
DELL Inspiron Mini 9を持ち運ぶ際に入れておくキャリングケースを100円ショップで探していたのですが、結局いいものが見つからず、ちゃんとしたパソコン用のモノを買うことにしました。
衝撃吸収インナー入り、エレコムの7インチ用ウルトラモバイルPC対応携帯ケース、「ZEROSHOCK」(ZSB-IB020BK)です。
楽天市場で検索する アマゾンで検索する
色は、黒のほかに白とオレンジがありますが、無難な黒にしておきました。
○ケース外寸:幅265×奥行25×高さ200mm
○参考収容寸法:幅255×奥行40×高さ190mm
○重さ:180g
zeroshock2.jpg
Amazon.co.jpのレビューによれば、ミニノートパソコン「ASPIRE ONE」に6セルバッテリーをつけると入らないとのことですが、写真のとおりDELLのInspiron Mini 9にはぴったしです。
ただ、結構キツキツなので、外側のチャックのついている部分に厚さのあるものを入れることはできません。試しにイー・モバイル端末のD02HWを入れてみたら、入ったことは入ったものの、もっこりしてしまい、ぶつけたらちょっと怖い感じです。
そこで、イー・モバイル端末のD02HWのほか、AC電源などについては別途100円ショップに売っている小さなクッション入りケースを買って、本体と別にして持ち運ぶことにしました。
・・・数日後・・・
ふと気付いたら、ケースが「リラックマいちごシリーズ ノートパソコン収納カバー 8.9型ワイドノート対応 CS59901」にかわっていました。
楽天市場で検索する アマゾンで検索する
ちなみに、8.9インチ対応なので、袋は結構ゆったり。本体以外にもイー・モバイル端末のD02HWとかも余裕で入ります。
【次の記事】
○ミニノートパソコン(ネットブック)プチカスタマイズ奮闘記(その13) ミニノートパソコンに最適なポータブルDVDドライブ