【使用後レビュー】アルパイン カーナビ「VIE-X08」、VICS電波/光ビーコン「HCE-T062」、スピーカー「STL-16C」、パワードサブウーハー「SWE-1000」

カーナビとかを取り付けてから約1ヶ月使用したので、使用後レビューをしたいと思います。
<カーナビ リアビジョンナビ X08プレミアム「VIE-X08」について>
【地図の分かりやすさ】
特に大きな不満を感じることはありません。
高速インターなどではETCレーンを表示してくれるなど、わかり易いと思います。
また、ナビゲート中は踏切が近づくと踏切注意のアナウンスをしてくれる点もいいですね。
それから、このナビはかなり詳細な地図表示(25mスケール)ができる点がいいです。今まで使っていたカーナビが100mの縮尺までしか表示できなかったので、目的地に近づいたときにとても便利です。
【操作性の良さ】
地図のスクロールなどは直感的に行えるので、特に不満を感じることはありません。
あえて言うならば、2画面表示のときに右画面でもスクロール等の操作ができるとよかったなと思います。(スクロールは左画面のみ可能)
ナビで目的地を検索するとき、かなりの確率で電話番号だけで目的地がヒットするのにびっくりしました。(あまりメジャーじゃないお店でも電話帳とかに載っていればヒットしそうな感じです)
そういえば、ナビの「推奨ルート」を選ぶと、高速道を使ったほうが早く着くのにあえて高速に乗らないで走っているとき、「新しいルートが見つかりました」と勝手に高速へ乗るルートに変更されました。それ以来、距離優’先や一般道優先のルートばかり選んでます。(笑)
【画面の綺麗さ】
店頭では他社のナビより抜きん出て綺麗だった記憶がありますが、今は比べるものがないのであまり感動していません(笑)
個人的には、電話番号検索時のボタンをタッチしたときのアニメーションが綺麗で好きです。
【音の良さ】
イージー設定+個別設定を行うことで、その車に合った最適な音色を生み出せる点はいいですね。フロントスピーカーをアルパイン製スピーカーに変えたのがよかったからかもしれませんが、音には満足しています。
【SDカードによるデータ更新、楽曲の再生機能】
家にあった4GBのSDHCカードを使って本体のアップデート、高速道データの更新、そして音楽再生を行いました。高速道データのカードへの保存方法がなんだか難しかった気がした点以外、不自由なく使っています。
説明書によればSDHCカードは非推奨ですが、特に問題ありません。
SDカードの音楽データをHDDにコピーできないのが残念です。最近はPCで音楽を管理しているので、もっぱらSDカードにデータを移して車に持ち込んでいます。
フォルダ階層もちゃんと反映されるので便利ですね。ただ、ランダム再生するとなぜか同じ曲がかなり高い確率で再生されるのが気になります。なんでだろ・・・。
【地デジフルセグ4チューナー内蔵】
せっかくのフルセグですが、テレビは全然使ってません。
以前、なんとなく見ようと思ったら地元じゃなかったので県外で受信できず再設定が必要でした。場所を移動したら自動的に設定してくれないかなぁ。
【エコ情報の表示】
燃費情報は、結構役立ちますね。
ただ、現在エコドライブに貢献しているか否かという判定機能がかなりシビアな気がします。判定を音でも示してくれるドライブインフォモードにすると、「荒い運転」だとうるさいぐらいポンポンアラムが鳴っちゃいます・・・。これは私だけでしょうか。
【its-mo Drive for mobile media station】
インターネット上の専用のサイトであらかじめ作成したドライブプラン(目的地&経由地リスト)をブルートゥース機能を利用した携帯電話やSDカードでナビに持ち運び可能な機能。
そのほか、携帯電話を繋げておけば、お勧めスポットの紹介や天気予報などをナビに表示できるのですが、私はブルートゥース機能を利用した携帯電話を持っていません・・・。
日ごろNAVITIMEを使ってドライブプランを練っていますが、専用のサイトはそれと比べると使い勝手が悪く、どうも慣れません。ナビで直接経由地とか指定したほうが全然直感的です。
また、SDカードにデータを落とす場合は、単純に出発地、経由地、目的地データを保存するだけなので、実際のルート検索はナビが行います。専用サイトで導かれたルートと違う結果が出る可能性があることを踏まえると、結局NAVITIMEを使っちゃいますね。
でも、なんとかこの機能を使いたいと、こっそりミニノートパソコンにブルートゥース受信機をつけてナビと接続させてみたのですが、パソコンでは単純にナビを電話機としてしか認識しませんでした。汗
※アルパインの製品紹介ページはこちら
アルパイン カーナビ リアビジョンナビ X08プレミアム(VIE-X08)
楽天市場で検索する
アマゾンで検索する
○関連記事「【レビュー】アルパイン カーナビ リアビジョンナビ X08プレミアム(VIE-X08)」はこちら
<X08専用VICS電波/光ビーコン「HCE-T062」について>
VICS電波/光ビーコンは高速道路や幹線道路に設置された電波ビーコンや光ビーコンから局地的な交通情報や規制情報を受けることができます。
交通情報や規制情報を受信すると、「ビーコンズケイ」(たぶんビーコン図形と言いたいのだろう)とナビに自動的に表示され、少しすると消えます。
確かに便利。ナビ中で道が混んでいたとき、自動的に抜け道ルートに案内を切り替えてくれました。また、高速道路では数キロ先の事故情報や渋滞情報などが表示されるので、「ここまでは高速で行こう」といった意思決定の補助に役立ちました。
受信機能だけの割りに値段が高い気がしますが、痒いところに手が届くという感じで、これがないとナビの性能がフルに発揮されている感を味わえません。やっぱりないと駄目ですね。
※アルパインの製品紹介ページはこちら

アルパイン X08専用VICS電波/光ビーコン「HCE-T062」楽天市場で検索する
アマゾンで検索する
○関連記事「【レビュー】アルパイン X08専用VICS電波/光ビーコン「HCE-T062」」はこちら
<16cm2ウェイコアキシャルスピーカー「STL-16C」について>
ナビのアンプがよいというのもあると思いますが、今までのノーマルスピーカー(といっても取り付けた車ではなく、それまで乗っていた車の話)と比べてはっきりと違いがわかりました。
アルパインのスピーカーの中では、入門モデルとしてランク外の扱いを受けているスピーカーですが、一応再生周波数帯域や出力音圧レベルなどの仕様だけならグレードアップスピーカーとして位置づけられているSTE-162Cと一緒です。というか「3次元DFT領域」というキーワードだけがSTL-16Cにはないということ以外、これとの違いがよくわかりません。
ノーマルスピーカーとの違いがはっきりと分かるのが、音楽メインという感じで少し音量を上げたとき。ノーマルだとラジオの音のように音に迫力がなくなってしまいますが、このスピーカーだと高音から低音まではっきりと聴かせてくれました。
※アルパインの製品紹介ページはこちら

アルパイン  16cm2ウェイコアキシャルスピーカー「STL-16C」楽天市場で検索する

○関連記事「【レビュー】アルパイン  16cm2ウェイコアキシャルスピーカー「STL-16C」」はこちら
<パワードサブウーハー「SWE-1000」について>
「STL-16C」だけでもクオリティの高い音を聴かせてくれるのですが、どうしても走行すると重低音が物足りなく感じてしまったことから取り付けたのがこれ。
いまだに音の大きさを調整する「入力感度調整ボリューム(ゲイン)」ノブと、音の再生帯域を調整する「ローパスフィルター周波数切替」ノブの設定で気に入った特定の値というものを見つけられていないので、日々試行錯誤している状態です。
ウーハーの中では最大出力が150Wと小さめで、大きさもW250×H272×D114mmとコンパクトですが、やっぱり取り付けると音に迫力が出ますね。
ラゲッジルームに取り付けたのですが、後部座席にはスピーカーがないので、後部座席に座るとウーハーの音が音楽よりも目立ってしまうのが玉に瑕。
ちなみに取り付け位置によって、音質にかなり差が出てくるので注意です。推奨取り付け場所はラゲッジルームの隅。スピーカーを反対側の隅に向けた形で取り付けると、ラゲッジルーム全体を音の反響に利用できるので迫力が違います。
ただし、少し音を大きくしてたら、頭が痛くなってきました。ほどほどがベストですね。
※アルパインの製品紹介ページはこちら
ALPINE(アルパイン) SWE-1000 ボックス型パワード・サブウーファー
楽天市場で検索する
アマゾンで検索する

○関連記事「【レビュー】アルパイン パワードサブウーハー「SWE-1000」を取り付け」はこちら

以上でレビューを終わります~。

【レビュー】アルパイン パワードサブウーハー「SWE-1000」

swe1000_1.jpg
【関連記事】
○【レビュー】アルパイン カーナビ リアビジョンナビ X08プレミアム(VIE-X08)
○【レビュー】アルパイン X08専用VICS電波/光ビーコン「HCE-T062」
○【レビュー】アルパイン  16cm2ウェイコアキシャルスピーカー「STL-16C」
○【使用後レビュー】アルパイン カーナビ「VIE-X08」、VICS電波/光ビーコン「HCE-T062」、スピーカー「STL-16C」、パワードサブウーハー「SWE-1000」
カーナビとフロントスピーカーをアルパイン製にしたことで、純正スピーカーのみの頃と比べると格段に車で聞く音楽の音が良くなったことを実感している今日この頃ですが、どうも低音の物足りなさが気になってきました。
フロントスピーカーは、低価格のエントリースピーカーではありますが、仕様上は30Hzの超低音から48kHzの超高音まで、上位機種と同じ帯域をカバーしており、問題ないはずです。
オートバックスのホームページによれば、20Hz程度の音域がロードノイズのピーク音域であり、音響に悪影響を与えているとのこと。
この対策として、ウーハーの取り付けを薦めています。
もしかしたら、家のパソコンで、ONKYOのウーハー&スピーカーを通してずっと良い音を聴いていたことも大きな理由のひとつかもしれません。
ウーハーは大きくて場所を取るし、お金もかかるから取り付けはまたそのうちに~なんて思っていましたが、色々と調べていくと、アルパインの「SWE-1000」という機種は小型なうえに縦置きも可能で、しかも価格も2万円程度で売られているとのこと。最大出力は150Wです。
また、口コミでも高評価を付けている人が多かったことと、「下品な爆重低音は出ません。あくまでも上品な締まった低域を求める方に。」というコメントに惹かれ、我慢できずに買ってしまいました!(笑)
ALPINE(アルパイン) SWE-1000 ボックス型パワード・サブウーファー
楽天市場で検索する
アマゾンで検索する
ディーラーさんに取り付けをお願いしたのですが、意外と車内の配線には時間がかかったようで、当初定期点検を含めて2時間との話だったものが、結局3時間半くらいかかってしまいました。

取り付け場所は、推奨取り付け先であるリアのラゲッジ・スペース。
妻には「収納スペースが狭くなる!」と白い目で見られてしまいました(汗)が、せっかく買った高い機器なので、音響効果のほうを優先させていただきました。ごめんなさい・・・。
さっそく体験レポートです。
音質については、他社製品と比べたことがないのでなんとも言えませんが、取り付け前後では比較にならないくらい低音に厚みが出て、とても素晴らしいと思いました。まるで音楽をライブで聴いている感覚です。
※聞いている音楽はポップスばかりですが・・・。
このウーハーには、リモコンがついていて、音の大きさを調整する「入力感度調整ボリューム(ゲイン)」ノブと、音の再生帯域を調整する「ローパスフィルター周波数切替」ノブ、そして音の遅れを調整する「位相切替スイッチ」があります。
ゲインノブを回すと、低音の「ボコボコ」音の音量調整ができます。
ローパスフィルターは、設定した音域以上の音をカットすることができます。
ウーハーの担当する低音は、人間の耳の特性上、音の聞こえる方向、向きを感じない無指向性の部分ですが、前述したオートバックスのホームページでは、80Hz程度より上の音だと音に指向性が出てきてしまうことから、ローパスフィルターを80Hz以下に設定するとよいと書かれています。
ベストなのは、低音がフロントガラスから聞こえてくるような感覚に設定すること。
・・・というわけで音源であるカーナビのスピーカー設定も含め、ウーハーのリモコンの2つのノブを右に左に回しまくって調整を試みているのですが、なかなかベストな状態というものを見つけるのが難しいです。個人的な感覚ですが、ゲインノブはMIN(最小)の状態でも十分低音が出ている気がしました。そのうち面倒になって、「もうこれでいいや」とかなりそう。(笑)
ちなみにリモコンは運転席下部にマジックテープで取り付けられました。(トップ画像)
リモコン自体は結構高級感があり、ブルーのライトが点灯するので他のイルミネーションとベストマッチしているのですが、テープの部分だけちょっと安っぽい感じがします。
もうひとつ。ラゲッジスペースの空間をできるだけ広く取りたかったので、ウーハーは縦置きしてネジで床板に固定してもらったのですが、ディーラーさんから、取り付け後に「車を急旋回させると、横Gによるウーハーの加重移動でウーハーをネジで取り付けたところの床板が壊れるかもしれない」と注意を受けました。急旋回させるような乱暴な運転はしないつもりですが、気を付けないと・・・。
また、ドライブが楽しくなりそうです。
<追記>
翌日、急にウーハーの電源が入らなくなりました。
スイッチを探しましたが、もちろんどこにもありません。(笑)
仕方ないのでディーラーさんに行ったところ、「アース端子がしっかりと接続されずにゆるんでいました。」とのこと。それじゃ電気が流れないですね。
それから、ウーハーを床板に固定していたネジは取り払われ、マジックテープに代えられていました。床板が壊れることを防ぐためだそうです。うーん、マジックテープでは固定されなさそうなんだけどなぁ。とりあえず荷物で左右をふさいでおくか・・・あれ、でもそれじゃあ音が響かないような・・・。

タミヤ本社ショールームに行ってきました。

tamiya.jpg
火曜日です。何故かまた雨。
本当は日本平に登って綺麗な景色を眺めたりするはずだったのですが、アテが外れました。
急遽、旅の途中で思いついた「タミヤ」本社見学をすることにしました。
タミヤとは、プラモデルで有名な田宮模型のこと。
小さいころ、ミニ四駆に大量のお小遣いを投資したことを思い出します。
ジャパンカップにも出場したけど一回戦敗退でした。(笑)
タミヤ本社の受付でショールーム見学希望と伝え、見学開始。
※平日しか見学できません。
歴代の商品や、商品開発のために調達したという実車展示などをじっくりと見学。
そんなに広くないので賞味30分あれば十分かもしれません。
ちなみに私が今日の一番乗りでした(汗)そして、誰も後に続く人が来ませんでした。
お土産コーナーは私だけのために開けてくれている感じだったので、ここでしか買えないという約500円のミニカー(背景にタミヤ本社の写真がセットされています・・・笑)を買ってあげました。
uruoi.jpg
さて、すぐに見学が終わってしまったので、少々足を伸ばしてお昼は富士宮やきそばを食べに行くことにしました。
富士宮焼きそばの最大の特徴は、麺に腰があり硬めの弾力がある点。一般的な焼きそばの麺は、小麦粉と水で練って蒸した後ボイルしますが、富士宮やきそばは、蒸した後強制的に冷やし油で表面をコーティングします。
また、具材にラードを絞った後の「肉かす」を使い、キャベツが沢山入っていることと、イワシの「削り粉(だし粉)」 を振りかけることも特徴。
富士宮市に行くと、たくさんやきそば屋さんがあるようですが、今日は「うるおいてい」というところに行ってみました。カップ焼きそばとしてコンビニなどでも販売するほど有名らしいです。
ここの名物である「うるおいてい焼きそば」は、値段は普通の富士宮やきそばの倍(800円くらい)しますが、小麦100%を使った特製麺とのこと。
数量限定で平日は20食しか出ないようですが、運良くまだ注文できたのでこれを食べてみました。店主自ら座席の前に赴いて、目の前の鉄板でやきそばを作ってくれました。
いや~おいしかったですよ、ほんと。
ちなみに男性には、量が少ないからと大盛りを薦められましたが、ここ数日食べまくっている私には普通盛りで十分な量でした。
店を出るときは、平日かつ雨、そして午後1時を過ぎているにもかかわらず行列が出来ていました。有名なんですね~。

寸又峡「夢の吊り橋」に行ってきました。

ooigawa02.jpg
月曜日です。昨日に続き晴れています。ラッキー。
実は寸又峡には昨年も来ているのですが、大雨だったために断念したものがあります。
それが、夢の吊り橋を見に行くこと。
「夢の吊り橋」は大間ダム湖にかかる長さ90m高さ8mのつり橋。
晴れているとエメラルドグリーンの湖に橋が映え、とても綺麗と聞いていました。
ちなみに、橋の真ん中で若い女性が恋の成熟を祈ると夢が叶うらしいです。
朝一番で寸又峡温泉から徒歩で出発。森の中の舗装された道をぶらぶら20分程度歩くと到着です。いや~晴れててよかった!上のとおり綺麗な写真を撮ることができました。
ただ、吊り橋は見てのとおりのつくりですので、高所恐怖症の人は辛いかも。
最大10名同時に渡れるそうですが・・・1人歩いただけでかなりギシギシいいます。
一応、観光コースとしてこの吊り橋を含めた90分のコースが設定されているのですが、午後の予定などを考えるとここで引き返したほうがよさそうということで、誰もいなかったのをいいことに向こう岸?まで渡った後に引き返しました。(笑)
ここから引き返すと、撮影10分を入れてちょうど1時間くらい。
橋のところだけ急な下り坂(帰りは急な上り坂)ですが、充実したハイキングコースでした。
kachoen.jpg
午後は掛川まで足を伸ばして、掛川花鳥園に閉館までいました。
ここは体が細くなることで有名なフクロウの「ポポちゃん」がいることで有名ですが、それだけではありません。いろんな鳥と直接触れ合えるのが醍醐味。インコなどは、餌を買わなくても肩や頭に乗ってきます。きっと、鳥が嫌いな人は倒れてしまうでしょう(笑)。
フクロウや鳥の写真とかを載せてもよいのですが、つまらないので何故かうろうろしていた亀の後姿を載せておくことにします。

楽器博物館に行ってきました。

hamamatsu03.jpg
浜松市に来て2日目。日曜日です。昨日とはうって変わって珍しく晴天!
そして、晴天なのに行ったのは屋内施設の浜松市楽器博物館。(笑)
浜松駅前から徒歩数分という好立地に位置しており、ぶらっと訪れるのにも最適。
※駐車場はありません。車で行く場合は近くに山ほどあるコインパーキングを利用します。
浜松は日本で最初に国産ピアノが作られた街ですので、浜松に行ったらここのお土産屋さんでお土産を選ぶのもよいでしょう。
常設展は大人400円。中学生以下は無料です。
1階と地下1階に展示があり、1階は日本とアジアの楽器、地下1階はオセアニア、アフリカ、アメリカの楽器、ヨーロッパの管楽器と弦楽器、ヨーロッパの楽器が展示されています。
基本的に展示された楽器に触れることはできませんが、無料で各楽器の紹介とその音色を確かめられるガイドフォンを借りられるので、各楽器を眺めながらその音色を味わうことができます。
また、一定の時間ごとに世界初のピアノ(復元)の生演奏等を行ってくれたりします。
ピアノの構造(弦をはじく仕組み)のカットモデルなども展示されており、結構勉強になりました。
体験コーナーでは、子供たちも触って楽しめる各種楽器が設置。
大人も思わず手にとって遊んでしまえそう。
じっくりと館内を回ったら、1日があっという間に過ぎてしまいそうです。
ooigawa01.jpg
・・・しかし、じっくりと楽器博物館を楽しんでいる余裕は実はなく、午後は大井川の上流にある寸又峡温泉を目指しました。東名高速の相良牧の原ICから約2時間半程度でしょうか。
青空の下、お茶畑を眺めながらひたすら川沿いの道を登っていきます。
最後は車一台しか通れないような道を進むと、秘境と呼ばれる寸又峡温泉。
ここの温泉は「美人の湯」と呼ばれているのですが、本当に肌がすべすべになります。
これまで旅行先でいろんな温泉に入りましたが、本当に「普通のお湯とは違う!」と実感できたのは今のところここだけです。
日帰り入浴もやっているようなので、また行きたいですね。

航空自衛隊 浜松広報館(エアーパーク)に行ってきました。

hamamatsu01.jpg
少々遅い夏休みをもらったので、土曜日から静岡県の西のほうまで行ってみました。
初日は、浜松市。天気は曇時々雨、というか雨時々曇。
最近どこか出かけようとすると雨が降ります・・・。
まず、航空自衛隊の浜松広報館へ。通称「エアーパーク」と呼ばれるこの場所には、実物の戦闘機や航空自衛隊の装備品が数多く展示されているのですが、主に屋内の展示なので雨でも大丈夫。(笑)
また、なんと本格的なシュミレーターを用いた戦闘機の操縦体験をはじめ、自衛官のコスプレまで家族みんなで楽しめちゃいます。
また、よく科学博物館などにある星空とかを上映するような「全天周シアター」では、コックピットからの眺めとかを臨場感あふれる短編ムービーで上映(15分間)しており、これまた結構楽しめます。
そして、なんといっても一番うれしいのが「無料」ってこと。(笑)
土曜日だからか、開館から1時間以内に入場したにもかかわらず、シュミレーターはかなりの待ち時間を必要としたのであきらめたのですが、それでも午前中いっぱい楽しめました。
hamamatsu02.jpg
お昼には有名な浜松ギョーザを食し、午後はうなぎパイの工場見学
工場が動いている様子をガラス越しに見学でき、またお土産にうなぎパイのミニサイズを数枚プレゼントされました。そしてこれまた無料なのがうれしい。(笑)
工場のできたてうなぎパイをアレンジした「うなぎパイのミルフィーユ仕立て」(写真・650円)がカフェで食べられるのですが、とてもおいしそうでした。
それにしても、浜松の奥地なのにすごい数の人。
うなぎパイってすごく有名なんですね。ひっきりなしに観光バスが来るし、自家用車の駐車場は常に満車でした。
夜は、ショッピングモールである浜松駅前のザザシティで夕飯でもと思ったのですが、まだ全然お店を物色する暇もない8時に閉館のアナウンスが・・・。あれ、駅前にしては閉館が早すぎではありませんか・・・?