クロアチア・スロベニア風景写真@シベニクの街の様子【魚眼】

sibenik3.jpg
5月28日(木)
シベニクもクライマックスです。
聖ヤコブ教会を見学した後は街歩き。
石畳の道の両側は商店が連なっており、観光客がたくさん。
でも、一歩路地に入ると入り組んでおり、下手をすると迷ってしまいそうでした。
barbare.jpg
聖ヤコブ大聖堂の裏側には、聖バルバラ教会が建っています。
15世紀前半に建てられたゴシック様式の教会ですが、時計や窓が不規則に並んでおり、逆になんだか面白い感じを受けました。
入口の横の鐘は、本来は聖ヤコブ大聖堂につけようとおもったけど使わなかったからここにある・・・だったか、そんな感じの説明を受けた記憶があります。
間違っていたらすみません。
余談ですが、時計は24時間時計です。1日で一周。これまた面白いですね。
シベニクを後にして、バスで約1時間。
翌日午前中の観光先である世界遺産の古都、トロギールのホテルへ向かいました。

クロアチア・スロベニア風景写真@シベニクの聖ヤコブ大聖堂(その2)

svjakova3.jpg
5月28日(木)
聖ヤコブ大聖堂の主祭壇右奥には小さな洗礼所(上の写真)があります。
ここの天井や壁面には精緻な彫刻が一面に施されており、彫刻者の技術の高さを伺わせます。
彫刻というと、屋根とか手の届かない遠い場所にあるものばかりですが、ここは目と鼻の先にあるので、その精巧さを間近で見ることができます。
svjakova4.jpg
外の壁面には、さまざまな表情をした72人の人や動物の顔が刻み込まれています。
刻み込まれた人々の素性はよくわかっていませんが、当時の市民の姿とする説が有力です。
でも、何も知らないでふと見上げて見つけてしまったら、ちょっと怖いかも。

クロアチア・スロベニア風景写真@シベニクの聖ヤコブ大聖堂(その1)【魚眼】

svjakova1.jpg
5月28日(木)
シベニクの街を有名にしているのが、世界遺産に登録されている聖ヤコブ大聖堂の存在。
聖堂の建築は1432年から100年以上に渡って行われ、1555年に完成しています。
その間、数多くの建築家が関わり、様式も最初はゴシック様式だったものが、1441年からはルネッサンス様式に変更。その結果、入口からドーム部分まではゴシック様式なのに屋根はルネッサンス様式になるなど、二つの様式が綺麗に融合している様を見て取ることができます。
svjakova2.jpg
聖堂の中は、珍しい石造り。柱から屋根まですべて石でできていました。
石灰岩と大理石で、レンガや木は全く使われていないのには驚きです。

クロアチア・スロベニア風景写真@シベニクへ【魚眼】

sibenik1.jpg
5月28日(木)
世界遺産プリトビッチェを後にし、バスで2時間半。
アドリア海の古都、シベニクが見えてきました。
上の写真は、シベニクの街が遠くに見える、ただの休憩場所からの写真。笑
青空が広がり、景色が綺麗だったのでご紹介しました。
sibenik2.jpg
シベニク着。手前の海っぽいのが、シベニク湾。
奥の方に見える白いドーム状のものが、これまた世界遺産に登録されている聖ヤコブ大聖堂。シベニクではこの大聖堂の見学を中心に街を歩きました。

クロアチア・スロベニア風景写真@プリトヴィッチェ国立公園(その6)

plitvicka11.jpg
5月28日(木)
楽しかったプリトヴィッチェ国立公園の散策も終わり。
昼食を食べる前に立ち寄った公園内にあるホテルに、クマの剥製が!
ここで出たのでしょうか・・・。ちょっと怖いですね。
午後は、アドリア海の古都、シベニクへ移動します。
ここにきて、やっと晴れ間が出てきました。

クロアチア・スロベニア風景写真@プリトヴィッチェ国立公園(その5)

plitvicka9.jpg
5月28日(木)
プリトヴィッチェ国立公園の上湖群は、下湖群よりも迫力という点では劣りますが、写真のように水しぶきで霧が発生し、マイナスイオン120%状態になっている小さな滝をいくつも真横に見ることができます。
plitvicka10.jpg
また、結構上り階段になるボードウォークが多く、少し息が切れてくる人も。
ちなみに私も写真撮影に夢中になり、ツアーの人たちにかなり離れてからダッシュで追いつくということを何度もやったがために息が切れました。え、それは自業自得って?えぇ、そうですね。
※そのおかげでガイドさんの話を全然聞くことができませんでした。笑
余談ですが、写真は外国の家族が犬連れで向こうから来たので思わず写真を撮ったもの。
なんで向こうの人たちって、いるだけで絵になるんでしょうかねぇ。

クロアチア・スロベニア風景写真@プリトヴィッチェ国立公園(その4)

plitvicka7.jpg
5月28日(木)
プリトヴィッチェ国立公園の下湖群を上る途中、勢いがありながらも静かに水が流れる、なんともいえない静寂さに包まれた場所があります。(写真)
19世紀末から20世紀初頭にかけて国際的に活躍したクロアチア出身の世界的オペラ歌手、ミルカ・トルニナが好んだ場所といわれており、ミルカ・トルニナ滝と呼ばれているそうです。
ちなみに彼女は公演の収益金を公園の保護整備協会に寄付するなど、プリトヴィッチェの保護活動を行っており、この滝のそばには彼女の記念碑があります。
plitvicka8.jpg
上湖群と下湖群の境目に大きな湖、コジャク湖があります。
これを、専用の船で渡航。
なぜか自分たちの乗った船はほぼ全員日本人。汗
この日にプリトビッチェを観光する日本の各種旅行会社のツアーが集結していました。
こんなにここに日本人ってたくさん来てたんだ~とちょっとがっかり?

クロアチア・スロベニア風景写真@プリトヴィッチェ国立公園(その3)

plitvicka5.jpg
5月28日(木)
プリトヴィッチェ国立公園の大小様々な湖を眺めながら、ボードウォークをたどって上流へと向かいます。
湖と湖の間は、上の写真のように、水が勢いよく流れています。
マイナスイオンがあふれ出ている感じ。笑
plitvicka6.jpg
紹介し忘れていましたが、下湖群には公園のシンボルであるプリトビッチェ滝があります。
約78mの高さから流れ落ちる国内最大の滝ですが、この写真の位置からはいまいち迫力がありませんでした。

クロアチア・スロベニア風景写真@プリトヴィッチェ国立公園(その2)

plitvicka3.jpg
5月28日(木)
プリトヴィッチェ国立公園の下湖群の散策は、迫力ある地形の連続です。
上の写真は、湖の水があふれ出て、次の湖に流れ落ちるところにボードウォークが設置されている様子。足の真下(というか一部はボードの上まであふれています)を勢いよく水が流れている様は、すごい、の一言。
plitvicka4.jpg
ちなみに、振り返った反対側を撮ったのが上の写真。
はるか下方まで四方八方から水が流れ落ちる様がよく分かると思います。

クロアチア・スロベニア風景写真@プリトヴィッチェ国立公園(その1)

plitvicka1.jpg
5月28日(木)
ついに世界遺産、プリトヴィッチェ国立公園を散策するときが来ました。
しかし天候は・・・曇り。微妙に霧がかかっています。うーん、残念。
前の記事にも書きましたが、プリトヴィッチェ国立公園は16の湖と90以上の滝が点在する景勝地です。
この湖群の歴史は、数百万年前の氷河期の時代に黒川と白川という2つの川が峡谷に流れ込んだのが始まり。寒暖を繰り返す気候が石灰華(水中の化学成分と岩石が有機変化を起こし、炭酸塩となって固まって沈殿したもの)の成長を促す好条件となり、あちこちに石灰華が堆積をはじめました。その結果、水が堆積した石灰華によってせき止められて湖ができ、そしてそこからあふれた川の水がまた次の場所に石灰華を堆積して別の湖ができ・・・とこれを繰り返して現在に至ったようです。
湖群は大きく分けて上湖群と下湖群に大別できます。
上の写真は、少し標高の高い入口付近から下湖群の一部を眺めたもの。
中央左端に歩いている人々が小さく写っているのが分かると思います。
迫力ある滝とエメラルドグリーンに透き通った湖を間近に見ながら歩くことができるのはすごいですね。日本だったら、危険だからと柵とかで遠くから眺めることになるのではないでしょうか。
plitvicka2.jpg
こちらの写真は、入口から下湖群に向かって坂を下り、最初に出会う湖の様子。
透き通った水の中にたくさんの魚がいます。
魚釣りをしたら入れ喰いでしょうが、もちろん禁止です。笑

クロアチア・スロベニア風景写真@プリトヴィッチェへ

hotelgrabobac.jpg
5月27日(水)
ザグレブの街を後にし、バスで約2時間30分。
マラ・カペラ山脈とリチカ・プリェシャヴィツァ山脈に囲まれたリカ地方の端に位置するプリトヴィッチェ国立公園に向かいました。
ここは、切り立った峡谷に16の湖と90以上の滝が点在する景勝地で、1979年に世界遺産に認定された緑豊かな場所。
スロベニアのポストイナ鍾乳洞に続き、個人的にかなり行きたかった場所のひとつです。
・・・でも実際に行くのは28日。27日は公園入口にかなり近い、というか住所は公園内になっているホテル「グラオボバッツ」に宿泊です。
山小屋風のホテルは、部屋の屋根が屋根裏部屋みたいに角度がついたものになっていて結構オシャレでした。料理もかなりグレード高いほうだったように思います。
美味しくなかったのは今のところ初日だけ・・・。笑
不安なのは、スロベニアを出るときからずっと不順だった天気のみです。
ホテルに向かう途中もかなりの大雨でした。
plitvicka_map.jpg
とりあえず、国立公園の全景マップを掲載しておきましょう。

クロアチア・スロベニア風景写真@ザグレブの聖母被昇天大聖堂の内部【魚眼】

marijinauznesenja2.jpg
5月27日(水)
ザグレブもこれで見おさめということで、聖母被昇天大聖堂に入りました。
中はとても広く、ステンドグラスから漏れる明かりに照らされた聖堂は幻想的でした。
marijinauznesenja3.jpg
祭壇奥には、第二次大戦中のセルビア人に対する強制改宗や大量虐殺の罪で訴追され、クロアチア独立後に名誉回復されたザグレブ大司教ステピナッツ氏がガラスの棺に安置されています。たぶん人形・・・だと思うのですが・・・。
marijinauznesenja4.jpg
出口横には、マリア様の被昇天される光景を描いた宗教画が飾られています。
かなり珍しいものという話を聞きましたが、どう珍しかったのか失念してしまいました。汗
真っ暗に近い場所でしたが、ISO感度を上げて撮影。
※ここは写真撮影OKの場所でした。悪しからず。

クロアチア・スロベニア風景写真@ザグレブの聖母被昇天大聖堂【魚眼】

marijinauznesenja.jpg
5月27日(水)
ザグレブのクライマックスは、聖母被昇天大聖堂。
聖母マリアと聖ステファンが奉られている聖堂で、2本の高い鐘楼(高さは左が104m、右側が105m)が特徴的・・・なのですが、写真の通り整備中だったので、あえて下から見上げるように撮った写真でお茶を濁しておきます。
初代聖堂は13世紀に建てられたそうですが、モンゴル侵略や地震などで損壊を受け、現在の美しいネオゴシック建築になったのは19世紀とのことです。

クロアチア・スロベニア風景写真@ザグレブの街の様子【魚眼】


5月27日(水)
ザグレブで有名な聖母被昇天大聖堂に向かって街を歩いているときに撮った写真です。
通りの名前は「ラディヂェヴァ通り」。
石畳の街といわれているだけあり、道は本当に石畳ばかり。
ザグレブの街は、19世紀以降につくられた南側の新市街と、18世紀以前からある旧市街とに大別されるのですが、ここら辺は旧市街の区域。夕方になると点灯人がガス灯に火を灯して回る光景などが今なお見られるそうです。
旧市街の歴史は、11世紀にハンガリー王、ラースロー1世が現在のカプトルという地区をローマ・カトリックの司教区として定めたことから始まっているそうなので、目の前の石畳はざっと1,000年くらい前からあるんですねぇ。
そう思うとすごいな・・・。

クロアチア・スロベニア風景写真@ザグレブの石の門【魚眼】

kamenita.jpg
5月27日(水)
中世の自由都市だったザグレブのグラテツという地区は、当時5つの門を持つ城壁で囲まれた場所だったといわれています。
しかし、1731年に大火災があり、城壁と東門(写真)周辺が焼け落ちました。
写真の門の上部が黒く煤けているのはそのときの名残。
そのとき、マリア像が灰の中から無傷で見つかったことで有名になり、今そのマリア像は門の奥(人が集まっている場所)に安置されています。
入れ替わり立ち替わり、多くの人が礼拝に来るので、現地は厳かな雰囲気に包まれていました。