ヴィッツに車速感応ドアロックユニットVer.3(自動アンロック機能付き)を取り付け

vitz_doorlock01.jpg
車の電装関係のDIY向け各種ユニットを製作・販売する八木澤Web「車速感応ドアロックユニットVer.3」(DLU03)を購入しました。
このユニットは、一定の速度に達すると自動的にドアロックし、降りるときにはアンロックするという高級車によくある機能を持たせるものです。
子供がいる場合は、走行中にドアをいたずらして開くことを防ぐ効果も期待できます。
<機能詳細>
・時速約15キロで自動ドアロック。(車速は車種によって変わります。ヴィッツの場合は約20キロ)
・シフトレバーをPにすると自動アンロック。
・事故等でエンストすると自動アンロック。
ただ、エンジンルームからPシフト信号、メーターパネルからL端子信号を配線しないといけないので大変。
そこで、八木澤Webで紹介されている「簡易設置」を倣うことにしました。
これならば、グローブボックス裏の「インストルメントパネルJ/B」だけで施工が可能なので簡単です。
ただし、「簡易設置」にすると、アンロックの条件が標準と少々異なります。
具体的には、パーキングブレーキを引いた時またはキーをOFFにしたときに自動アンロックとなります。
シフトレバーのPではなく、パーキングブレーキでアンロックすることによる不都合は、上り坂の渋滞の時くらいしか感じないと思うので、個人的にはまったく問題ありません。
vitz_grobebox.jpg
助手席のグローブボックスを上に思いっきり引き上げると、その奥に細い配線だらけの「インストルメントパネルJ/B」が現れます。
vitz_doorlock_jb.gif
八木澤Webで紹介されている「簡易設置」をもとに分かりやすく配線を書いてみました。
vitz_doorlock02.jpg
線の太さにあわせて配線コネクターを購入し、事前にユニットに取り付けておきました。ヴィッツ(SCP90)の「インストルメントパネルJ/B」で使われている配線は0.2スケアの極細のものばかりなので、配線コネクターは白色ばかりですが、ACT-線だけは太かったので、ここのみ赤色を使用しました。
エーモン工業 配線コネクター(品番:1147)楽天市場で検索する
エーモン工業 配線コネクター(品番:E488)楽天市場で検索する
vitz_doorlock03.jpg
施工が完了したあとの「インストルメントパネルJ/B」の様子です。
束ねられた電線の間に指が入らなくて結構苦労しました・・・。(特に太かったACT-線との分岐は時間がかかりました)
あ、そうそう施工の時はちゃんとバッテリーのマイナスを外しておきましょう。(ナットの太さが良く分からなかったので、ホームセンターで安売りしていたレンチセットを購入。あわせてみると、10番の太さがちょうどよいかもしれません。)
下手をするとびりっとくるかも!・・・ってそういう私も今回はじめてバッテリーのマイナスを外した一人です。以前、フットライトをつけたときはマイナスを外さずに施工して、一度びりっときた記憶があります。安全第一~!
施工した感想ですが、パーキングブレーキを引くと同時に自動アンロックするところが新しい感じ?でいいですね。

車内を静かに・・・静音計画(エーモン工業)をヴィッツにほぼ一通り施工してみた

vitz_seion1.jpg
「走行中、カーオーディオの音が濁ったり、同乗者との会話が聞き取りにくくなった経験はありませんか?この原因は、風切り音・ロードノイズ・エンジン音などが、ドアの隙間やフロア面から進入し、車室内にこもる」ためだそうです。(エーモン工業パンフレットより抜粋)
LEDパーツなどのDIY商品で有名なエーモン工業が「静音計画」の名の下に世に送り出した各種商品(エンジンルーム静音シート、風切り音防止テープ、風切り音防止モール、ロードノイズ低減マット、カタカタ音防止シート)が最近話題になっているようです。
その理由は単純明快。値が張らず、施工も簡単なのに効果がある(らしい)から。
というわけで私も各種商品を買ってみました。
目指すは、以前会社の先輩に載せてもらったクラウンの静かさだ!(絶対無理)
まず最初はエンジンルーム静音シート(冒頭の写真)。
ボンネット裏に専用のシートを張るだけで、エンジン音を低減し、ワンクラス上の車内環境を実現・・・するはずです。
エンジンルーム静音シート楽天市場で検索する
商品は、720×1200mmのシートが1枚と、アルミガラスクロステープ(5cm×10m)が1個入り。シートは少々厚みがあるふわふわの素材で、断熱材みたいだなぁと思ったら「断熱効果でバッテリーの保護にも最適です」というPR文をパンフの片隅に発見。
我が家のヴィッツのボンネットは、他の一般的な車種よりも縦の長さが短いようで、シートは3分の1くらい余ってしまいました。
でもその割に横幅はぎりぎりかちょっと足りないくらいの長さ。
説明書にはボンネットに直接商品を当てて、不要な部分をカットするよう指示がありましたが、結構大変。そこで、一度古新聞をボンネットに当てて結構適当なサイズにざくざくっと切り、それを型紙にしてゆっくり商品を切ることにしました。
かなり適当に切ったのですが、アルミガラスクロステープがたくさんあるので、汚い切り口はテープに隠れ、最終的な見栄えはそれなりのものになりました。笑
vitz_seion2.jpg
お次は、風切り音防止テープ。
ドアのウェザーストリップの戸当たり部分に貼り付けるだけで、ドアの密着性を向上し、風切り音を軽減・・・するはずです。
風切り音防止テープ楽天市場で検索する
商品は、約4mのテープが2本入り。1本で1つのドアを施工できる長さです。
私は2本買い、前後4枚のドアに施工しました。
写真はフロント左ドアの施工後の様子。矢印の先に見える黒いものがそれです。
ドアのウェザーストリップと同じようなゴムっぽい素材です。
ウェザーストリップが当たる位置にはうっすらと黒い筋がついているところがあるので、それを目印にゆっくりとテープを貼ればOK。
テープの貼り始めと貼り終わりの場所は、ドアの蝶番の付近。貼り終わりの際は少し余分な長さを残してテープをカットすると、綺麗に貼ることができました。
vitz_seion3.jpg
こちらはリアドアの様子。フロントと同じように貼りました。慣れてくると10分程度で1枚のドアの施工ができるようになります。
vitz_seion4.jpg
次は、リアのハッチバック。
風切り音防止テープのリアハッチ用が発売されています。
ハッチの気密性を向上することで走行時の風切り音を低減・・・するはずです。
風切り音防止テープ(リアハッチ用)楽天市場で検索する
この商品は約4.7mのテープが1本入り。
ドアと同じようにテープを貼るだけ。
vitz_seion5.jpg
次は、風切り音防止モール。
フロントとリアドアの間にあるドアエッジに挟み込み、ドアとドアの隙間を埋めて風切り音を防止・・・するです。

風切り音防止モール楽天市場で検索する

この商品は約2.1mのモールが1本入り。
適切な長さに切ることで左右両側分の長さになります。
本当に、ドアエッジの部分に挟み込むだけなので、数分で施工は完了。
見た目も高級車っぽくなり満足です。
あと、写真を撮るのを忘れましたが、ロードノイズ低減マット(M)と(L)を購入しました。
ロードノイズ低減マット(M)楽天市場で検索する
ロードノイズ低減マット(L)楽天市場で検索する
マット(M)は、約480×450mmのものが2枚。フロアカーペットの下に敷くだけでロードノイズを低減・・・するはずです。
私は、フロントのフロアカーペットの下に敷いてみました。
マット(L)は、約480×1300mmのものが1枚。フロアカーペットやトランクルーム・ラゲッジルームの下に敷くだけで、ロードノイズを低減・・・するはずです。
私は、トランクルームの下に敷いてみました。
ただ、ヴィッツには少々大きいサイズだったので、一部を切り取り、リアのフロアカーペットの下に敷いてみました。(かなり小さいサイズですが・・・)
さて、施行結果ですが、一番の効果を感じたのは風切り音防止テープ&風切り音防止モール。高速道路を走っていても、低速で走っているときと同じくらい車内が静かになり、大きい声で会話したり、音楽の音量を上げたりすることが無くなりました。
これはびっくりですね。
ただ、エンジン音とロードノイズは、感動するほど”低減した”気がしません。
エンジンルーム静音シートの貼り付けは結構大変だったのになぁ。
副次的効果である断熱効果に期待しましょう。
ロードノイズを本気で減らしたいと思ったら、制振シートなどちゃんとしたデッドニング処理をしないとダメかもしれませんね。
結果としてクラウンの車内には程遠いとは思いますが、静音計画の効果は確かにあったと思います。よかったよかった!

Grazio&Co.「高輝度LEDシフトノブ」をヴィッツに取り付け

vitz_knob1.jpg
我が家のヴィッツのシフトノブをGrazio&Co.社の「高輝度LEDシフトノブ」に変えてみました。タッチセンサーが内蔵されており、触ると高輝度LEDが一定時間(約30秒)光る仕様です。
我が家のヴィッツは、フットライトをはじめとして青色で統一してきたので、この商品を見つけたとき、一目で「これは買わないと!」と。
思わず妻に何も言わずに購入手続きをしてしまいました・・・(後の顛末は推察願います・・・汗)
vitz_knob2.jpg
商品は高級感のある化粧箱で届きました。
vitz_knob3.jpg
取り付けたところです。
本革の手触りは良く、中央のクロームメッキがインパクト大の高級感あるデザインです。
クロームメッキ周りに映えるLEDは、付属する車載用12V専用充電器を車のシガーソケットに接続して「充電」することで点灯します。フル充電には1時間程度必要とのことでした。
シフトノブには充電器接続端子が左側にあり、充電器を端子から取り外し可能です。
写真をよく見るとシフトノブの後ろ側にケーブルが見えると思いますが、これが充電器に繋がっています。接続端子は運転に支障の無い位置にあるので、充電しながらの運転もOKでした。
LEDを内蔵したシフトノブは他にも市場に出ているそうですが、充電には毎回内蔵電池を取り出す必要があるなど「面倒」な仕様のものばかり。この商品はその不便さを解消した画期的なものですね。
vitz_knob4.jpg
LEDシフトノブ取替え前の写真です。
vitz_knob5.jpg
LEDシフトノブ取替え後の写真です。
結構イメージが変わりました。ノブが車の真ん中で主張していますね(笑)
昼もいいですが、夜は冒頭の写真の通りさらにインパクト大の車内になります。
Grazio&Co. 高輝度LEDシフトノブ楽天市場で検索する
ちなみに、買うときは全長、LEDカラー、センター加飾の3つを選択する必要があります。
車種によって、選ぶことの出来る「全長」は異なります。
「ロング」と「ショート」の2種類が用意されていますが、我が家のヴィッツ F Limited(SCP90)は「ショート」でした。
LEDカラーは、ブルーとホワイトの2種類。私はもちろんブルーを選択しました。
センター加飾とは、持ち手の部分の色のこと。クロームメッキ、ピアノブラック、ブラッククロームの3種類(値段は違います)。シフトノブだけで見たときには、ピアノブラックやブラッククロームなどの色に惹かれましたが、ヴィッツの内装色を踏まえて私はクロームメッキを選択しました。
最後に・・・
vitz_knob6.jpg
実はセンターマルチポケットの部分にSEIWAのサウンドセンサー内蔵青色LED「F99 サウンドツインスティック」をセットアップしてみました。写真では横長の青いものがそれです。
しかし・・・この商品、性能が今ひとつ。
「オーディオからの音や人間の声を感知して発光部を点滅させ」るモード付きなのですが、まったくこのモードが機能しません。
サウンドセンサー部分を手でたたくとかろうじて点滅するので、センサー自体は動いているようなのですが、音楽を車内で流してもまったく反応せず無点灯。汗
仕方ないので常時点灯モードで使用しています。
サウンドセンサー内蔵という点で、少々高めの金額設定にも納得して買っただけに残念です。
F99 サウンドツインスティック
楽天市場で検索する