ヴィッツのルームランプをDIYでLEDに交換


前の記事で、フォグランプ、ポジション灯、ライセンス灯を交換しましたが、これに続けとばかりに室内のルームランプも交換しちゃいました。

ドアの開閉と連動して点灯・消灯可能な室内中央部にあるルームランプ(ミドル)には、ルクサーワンのLEDルームランプをチョイス。各車種専用設計なので取り付け簡単&安心です。
我が家のヴィッツに適合する型番はRM-T002W。これまで足元やエアコンイルミなど車内を青色で統一してきたので、青色にしてみました。

早速取り付けにかかります。

ルームランプのカバー外側に内張りはがしを差し込み、ゆっくりこじ開けます。

カバーを外すと、純正の電球(T10×31型)がはまっていますので、これを取り外し、ルクサーワンを取り付けます。

点灯確認~!ブルーが綺麗ですね。

なるべく明るく照らしたいので、余っていたエーモン工業の静音計画「エンジンルーム静音シート」付属のアルミガラスクロステープをLEDの周りに切り張りしてみました。

上の写真は純正のときの明るさと色です。

そして、ルクサーワン取り付け後(アルミガラステープ施工後)の写真です。
好みによると思いますが、ムーディーでグッドです。
アルミガラステープのおかげで商品そのままのときよりは明るく照らしているとは思いますが、青色なので夜の車内で地図を確認したり、手元を照らしたりするには不適当です。
そこで、マップランプとも呼ばれるルームランプ(フロント)は、白色のLEDに交換することにしました。
選んだのは、J.P.Nの「カスタムクイーンLEDバルブ スーパーホワイト(BSLE14S)」。
どのくらいの明るさなのか、パッケージには一切明記無し。(笑)
高輝光LED、パノラマ発光(って何?)、角型チップで強烈な光が360度拡散するそうです。
なんだかすごいうたい文句ですが、要はトップと四方にLEDがあるので、正面だけでなく全体に光を放つことができるというもの。オートバックスの店員さんに「安さ第一で、その割には広い範囲を明るく照らすオススメのもの」とお願いしたらこれが出てきました。

早速取り付けます。

ミドルのルームランプと同じく、内張りはがしをランプカバーの隅に入れてゆっくりとこじ開けます。

ランプカバーを外すと、小さな電球が左右2つついているので、これをLEDに交換します。

ミドルのルームランプと同じく、余っていたエーモン工業の静音計画「エンジンルーム静音シート」付属のアルミガラスクロステープをLEDの周りに切り張りしてみました。

右側だけアルミガラスクロステープ貼りを施工してみたあと、点灯確認です。
左と比べると、テープによって反射効果が出ているのがよく分かりますね。

純正のときの写真です。あたたかな光もよいのですけど・・・

LED交換後(左右ともアルミガラスクロステープ貼り済)の写真です。
やっぱり真っ白が一番!
前の記事にも載せましたが、参考でヴィッツ(H19.8~マイナーチェンジ後のKSP・NCP・SCP9#系)のライト形状を載せておきます。
○ヘッドライト(ロービーム):HIDの場合はD4R型、ノーマルの場合はH4型
○ヘッドライト(ハイビーム):H11型
○フォグランプ:H11型
○ポジション灯:T10型
○ウインカー(フロント):S25ピン角違い型
○ウインカー(リア):T20シングル型
○バック灯:T20シングル型
○ライセンス灯:T10型
○ルームランプ(フロント):T10型
○ルームランプ(ミドル):T10×31型

ヴィッツのポジションランプ、フォグランプ、ライセンス灯を交換


我が家のヴィッツはLimited版ということで、最初からヘッドライト(ロービーム)が明るい白色のHID。Limited版を選んだ大きな理由のひとつです。夜はHIDの明るさと白さにちょっと満足(笑)
しかし、それ以外のライトは全部昔ながらの暖かく暗めな色。最近取り付けたフォグランプも同色です。
※下の写真参照

濃い霧の出る峠を通る機会が多いため、霧の中で遠くまで光が届くと言われている黄色にフォグランプのバルプを交換してみたいなぁと、最近常々思うようになりました。
というわけでついに我慢できずに交換です。(笑)
ついでにポジション灯(車幅灯)とリアのライセンス灯(ナンバー灯)も明るいといわれるLEDのものに交換することにしました。(もちろんすべて車検対応で)
交換後の写真はこちら・・・

今回、カメラにメモリーカードを入れるのを忘れたため、作業の途中経過は残念ながら撮影していません。いきなり装着後の写真です。
フォグランプのバルプは、IPFの「ディープイエロー 2400K」をチョイス。

オートバックスで「一番濃い黄色の商品はどれですか?」と聞いたらこれが出てきました。
ちなみに、ネット上で人気がある黄色のフォグランプは、PIAAの「プラズマイオンイエロー」。ちょっと軽め(?)の黄色が特徴の商品です。
どちらにしようか悩んだのですが、せっかく黄色にするなら黄色の中の黄色にするか!ということでIPFに決定~。
写真のとおり、インパクトのある黄色で満足です。
肝心の視認性ですが、装着後に霧の中で走ったところ、純正のときとあまり視野の広がりに変化を感じなかった気がします・・・(笑)対向車からの”被”視認性は良かったと思いますけど・・・。
しかし、普通の夜間走行や雨天時などには効果絶大。路面を照らす濃い黄色の明るさは、純正のときと比べて間違いなく安全性の向上に貢献しています。
ネット上では「フォグランプは荒天の時だけ点灯すべし!」という意見の方も多いようなので申し訳ないのですが、確かな安全性を確保するために通常の夜間走行でも私は点灯しています。
ポジション灯は、数多く種類が出ているので、フォグランプの時よりもさらに悩みました。
HIDに合わせて明るい白色が欲しいなと思っていたので、6500Kくらいの色温度の商品の中から選択することに。最後までPIAAの「超TERA6500」と悩みましたが、結局「日本製で耐久性に定評あり」というPRに惹かれてPOLARG(日星工業)の「CYBER LED FIFTY 6500K」を選択。

さすがに「車幅灯」なので、ヘッドライトの代わりになるほどの光量を照射しているわけではありませんが、拡散レンズを使用しているためか、純正の時よりも「点いている」感があります。

リアのライセンス灯には、オートバックスの店員さんお勧め、クジ精機の新商品である「LED/y T10対応フレックスバルプ」を選択。この商品の一番の特徴は、LEDの照射角度を自由に変えられること。我が家のヴィッツのように、1つの電球で斜めからナンバーを照らすという安価な仕上がりの車に最適です。(ヴィッツのRSタイプは2つの電球を使用しているみたいですね。細かいところでも差がついていますねぇ・・・)
色温度は6600Kの白。写真のとおり、綺麗な白です。やっぱり白色って格好いいですね。ちなみに、ドイツオスラム社製の保護ダイオード内蔵LEDで、全製造工程を日本国内工場で行っていると化粧箱に大きく明記されていたので品質も間違いなし??(笑)。車検対応です。
しかし、商品の型番「LPR-T10FL」をネットで検索してもスーパーオートバックスかわさきの今年6月の新製品紹介ページがかろうじてひっかかった程度で、その他ネットショップ等の商品販売ページは皆無。製造元であるクジ精機のホームページにさえ掲載されていないというのは、どれだけ最新の商品なのでしょうか・・・。怪しいです。
そんなこんなで前も後ろも見た目がちょっぴりグレードアップしました。
最後に、参考でヴィッツ(H19.8~マイナーチェンジ後のKSP・NCP・SCP9#系)のライト形状を載せておきます。
○ヘッドライト(ロービーム):HIDの場合はD4R型、ノーマルの場合はH4型
○ヘッドライト(ハイビーム):H11型
○フォグランプ:H11型
○ポジション灯:T10型
○ウインカー(フロント):S25ピン角違い型
○ウインカー(リア):T20シングル型
○バック灯:T20シングル型
○ライセンス灯:T10型
○ルームランプ(フロント):T10型
○ルームランプ(ミドル):T10×31型

Bluetoothオーディオ受信機「ロジテック DiALiVE LBT-AR100C2」を購入


我が家には、以前「車のナビと連動させることができるかも」と思って購入し、結局まったく使えなかったバッファローのBluetoothアダプタ(BSHSBD02BK)があります。

パソコンのUSBポートに差し込むと、これひとつでBluetooth Ver 2.1に対応する機器を操ることができる優れもの(?)です。
しかし、我が家にはナビを除くとBluetooth対応の機器がひとつもありません。(笑)
ちなみにBluetoothとは、新時代の無線規格。数mから数十m程度の距離の情報機器間で、電波を使い簡易な情報のやりとりを行うのに使用されるものです。最近の携帯電話には軒並みこの機能が付加されているようですね。※私の携帯電話にはついていません。
そんなおり、Bluetoothオーディオ受信機なるものが世の中に登場していることを発見。
パソコンや携帯型音楽プレーヤー等からBluetoothアダプタを介して音楽をワイヤレスに転送⇒Bluetoothオーディオ受信機を接続したAVコンポやヘッドフォンで音楽を楽しめる、というものです。
こういうのを待っていたんですよね。居間で使っている私のノートパソコンは貧弱なスピーカーなので、ワイヤレスで音をテレビ等に転送すれば、今よりもいい音で音楽などを聞くことができるはずです。

たまたま、ロジテックの「DiALiVE LBT-AR100C2」というBluetoothオーディオ受信機が地元で安売りしていたので買ってみました。

本当は、プラネックスのBluetooth受信機「BT-01R」(現在販売中止)みたいなRCAピン(赤と白のオーディオ用プラグ)にも対応するものが欲しいのですが、今市場に出ているものはステレオミニプラグのみ対応の商品ばかり。少々残念です。

PLANEX Bluetooth受信機 BT-01R PLANEX Bluetooth受信機 BT-01R

プラネックス 2006-09-04
売り上げランキング : 49426

Amazonで詳しく見る by G-Tools


商品には、本体のほかにACアダプタと延長用3.5型オーディオケーブル、USBケーブル等が同梱されていました。※写真左手前の小さいものは、前述したバッファローのBluetoothアダプタ(BSHSBD02BK)です。大きさの比較で置いておきました。
延長用のケーブルが付いているのは嬉しいですね。

我が家のテレビ、シャープのアクオスです。裏面にステレオミニプラグを差し込む穴があるので、そこにBluetoothオーディオ受信機を差し込み、準備完了・・・ってあれ、ACアダプタで充電しないと使えないらしいです。オイ・・・。
説明書ではあまり推奨していない「ACアダプタにも繋げて充電させながら使用する」方法でとりあえず起動。※充電させながら使用すると充電池の寿命が短くなるそうです。

パソコンのUSBポートには、前述したバッファローのBluetoothアダプタ(BSHSBD02BK)を差し込みます。

パソコン上で、初回だけ「ペアリング」(接続の認証)を行えば、次回以降は自動で認識・・・するのが普通なのですが、どうやら毎回パソコン上からBluetoothオーディオ受信機に”接続”してあげないとダメそうでした。
肝心の音ですが・・・まぁこんなものですかねぇ。私のノートパソコンのヘボスピーカーと比べるとかなりの違いでしたが、WAVIOのいい音に慣れているからか、感動するほどのものではありませんでした。
ネットでユーザーの声を探してみたところ、音質についてはあまりよい評価が下されていないようです。人によってはノイズがひどいとか・・・私のところではノイズは気にならないほどですが、これはパソコンと受信機との距離が近いからでしょうか。
しかし、ワイヤレスで音が転送できるという仕組み自体は素晴らしいですね。
テレビでパソコンの動画等を鑑賞する際、パソコン⇒TV間のケーブルが一本減るので見た目がすっきりしました。

ヴィッツのエンブレムにハセ・プロのマジカルカーボン”マジョーラ アンドロメダ”を貼付


ヴィッツユーザーのYAMAさんからいただいたヴィッツの欧州YARIS仕様(トヨタTマーク)フロントエンブレムには、ハセ・プロのマジカルカーボン”レッド”が貼付済でした。
レッドはインパクトがあり、知人からも好評だったのですが、別の色も試したいということから今回新たにマジョーラカラーを選択してみました。(YAMAさん、スミマセン・・・)
マジョーラカラーは、見る角度によって色が変わるという特殊な塗料を使用したカーボンとのこと。マゼランとアンドロメダの2色が販売されています。
黄緑~ピンク、紫等に色が変化するアンドロメダが綺麗そうだったのでこちらを選択。

※ヴィッツの欧州YARIS仕様(トヨタTマーク)フロントエンブレムには、ヴィッツ用ではなく、ヤリス用を選択する必要があるので要注意です。品番はCEFT-11AD。
貼ってみると、冒頭の写真のように確かに角度で色が変化して面白いです。
でも、レッドのときと比べてかなり落ち着いた感がありますね。
明言しないと、他の人にはカーボン貼っていること分からないかな・・・。

ついでに、リア用も購入。

※品番は、CET-18AD。ヴィッツ(KSP/NCP/SCP 90系 2005/02~)用です。

さらに、ステアリング用も購入。

これで、トータル感がでました。
そのほか、スマートキー用やエンジンカバー用なども売っていましたが、この辺できりがよい?ので止めておくことにします。(笑)

YAMAさんからいただいたレッドのカーボンは、まだ十分に粘着力があったので綺麗に剥離フィルムに戻しておくことにしました。これで将来再度レッドへの復帰も可能です。

ヴィッツにDIYでリアスピーカー「Protone VSP-04R」を取り付け


ヴィッツにはリアスピーカーがありません。
これでは後部座席の人が音楽を十分に楽しめないし、音の広がり的にも不十分な気がしていたので、いつかはリアスピーカーが欲しいなと思っていました。
そんなおり、オートバックスのブランド「Protone」の置き型スピーカー「VSP-04R」の安売りがチラシに掲載されているのを発見。定価4,000円弱が2,000円弱で売っています。
これまでナビ、メインスピーカー、ウーファーとアルパイン製で固めてきたので、リアもアルパイン製がよかったのですが、お財布と相談した結果、「とにかくリア側の音の補完がちょっとでもできればいいや」という考えのもと、格安スピーカーで欲求を満たすことにしました。

仕様は以下のとおりです。
○瞬間最大入力:60W
○定格入力:15W
○出力音圧レベル:87dB
○インピーダンス:4Ω
○再生周波数帯域:120Hz~20kHz
さすがにアルパイン製の置き型スピーカーと比べると貧弱な仕様ですが、小型でどこにでも置けそうなのがいいです。

まずは、置き場所の確保。リアのトランクスペースに直接置くことにしました。
ねじ等で固定しないので、荷物の状況によって位置をずらすことが可能です。
これなら「余計なものが増えた」と言いそうな妻も納得してくれることでしょう(笑)
スピーカーから出ている配線は+とーの2本。左右のスピーカー合わせて4本です。これらをサイドビューテープLEDを取り付けた時を参考に、ドア下のスカッフプレート内側等を通しながらフロントまで持ってきます。

エアコンパネルイルミを交換した時を参考に、ナビの裏側にアクセス。説明書を見ながら、ナビの裏側からたくさん出ている端子の中のリアスピーカー出力用のものを見つけ出して引っ張り出します。
ナビの端子には、トヨタ車純正リアスピーカー向け(?)のカプラーがついていたのですが、Protoneのスピーカーの配線側にはそんな素晴らしいものはついておりません。
オートバックスの店員さんによれば、このカプラーに対応できるキットを注文することも可能なようでしたが、面倒なので私は直接ギボシ端子による接続を試みることにしました。
よって、付いていたカプラーは取り外します。

ナビ側の端子を確認しながら、スピーカーの配線にオスとメスのギボシ端子を装着。
ナビ側の端子と接続します。これで接続完了です!

音も無事鳴りました。仕様が仕様なので、他のスピーカーに比べて肩を並べるような迫力のある音は出ませんが、後部座席に座って音楽を聴いたところ、以前と比べてしっかりと音が聞こえるようになりました。

最後に、フロントのナビ周りの化粧パネルを外したついでに、イルミを1個エアコンの吹き出し口内に設置してみました。

エアコン吹き出し口の奥にぼんやりと点灯する青色がいいですね~。

ヴィッツにDIYでリアスピーカー「Protone VSP-04R」を取り付け


ヴィッツにはリアスピーカーがありません。
これでは後部座席の人が音楽を十分に楽しめないし、音の広がり的にも不十分な気がしていたので、いつかはリアスピーカーが欲しいなと思っていました。
そんなおり、オートバックスのブランド「Protone」の置き型スピーカー「VSP-04R」の安売りがチラシに掲載されているのを発見。定価4,000円弱が2,000円弱で売っています。
これまでナビ、メインスピーカー、ウーファーとアルパイン製で固めてきたので、リアもアルパイン製がよかったのですが、お財布と相談した結果、「とにかくリア側の音の補完がちょっとでもできればいいや」という考えのもと、格安スピーカーで欲求を満たすことにしました。

仕様は以下のとおりです。
○瞬間最大入力:60W
○定格入力:15W
○出力音圧レベル:87dB
○インピーダンス:4Ω
○再生周波数帯域:120Hz~20kHz
さすがにアルパイン製の置き型スピーカーと比べると貧弱な仕様ですが、小型でどこにでも置けそうなのがいいです。

まずは、置き場所の確保。リアのトランクスペースに直接置くことにしました。
ねじ等で固定しないので、荷物の状況によって位置をずらすことが可能です。
これなら「余計なものが増えた」と言いそうな妻も納得してくれることでしょう(笑)
スピーカーから出ている配線は+とーの2本。左右のスピーカー合わせて4本です。これらをサイドビューテープLEDを取り付けた時を参考に、ドア下のスカッフプレート内側等を通しながらフロントまで持ってきます。

エアコンパネルイルミを交換した時を参考に、ナビの裏側にアクセス。説明書を見ながら、ナビの裏側からたくさん出ている端子の中のリアスピーカー出力用のものを見つけ出して引っ張り出します。
ナビの端子には、トヨタ車純正リアスピーカー向け(?)のカプラーがついていたのですが、Protoneのスピーカーの配線側にはそんな素晴らしいものはついておりません。
オートバックスの店員さんによれば、このカプラーに対応できるキットを注文することも可能なようでしたが、面倒なので私は直接ギボシ端子による接続を試みることにしました。
よって、付いていたカプラーは取り外します。

ナビ側の端子を確認しながら、スピーカーの配線にオスとメスのギボシ端子を装着。
ナビ側の端子と接続します。これで接続完了です!

音も無事鳴りました。仕様が仕様なので、他のスピーカーに比べて肩を並べるような迫力のある音は出ませんが、後部座席に座って音楽を聴いたところ、以前と比べてしっかりと音が聞こえるようになりました。

最後に、フロントのナビ周りの化粧パネルを外したついでに、イルミを1個エアコンの吹き出し口内に設置してみました。

エアコン吹き出し口の奥にぼんやりと点灯する青色がいいですね~。

三脚「SLIK U7700」を購入


中古ショップで、SLIK U7700という三脚が安値で売っていたので買ってしまいました。

これまで使っていた三脚は軽くてよいのですが、中途半端なコンパクトさで思った高さで撮れないのと、軽すぎて倒れやすいのが難点でした。
今回の三脚は、そこそこ高い場所で撮影できる高さに構えることができる割には軽量であり、足も前のものよりは頑丈そうです。市場価格が1万円以下なので、凄い期待は持っていないのですが、値段の割には出来がよいという声がネットで多かったですね。
本来は「シュー」と呼ばれる雲台にカメラを取り付けるための部品も同梱されているはずですが、中古品には付いていませんでした。
そこでネットを徘徊・・・。

一眼レフ用に「SLIK クイックシュー Uシリーズ一般用(品番:420121)」、ビデオカメラ用に「SLIK クイックシュー Uシリーズビデオ用(品番:420122)」と2つを買うことにしました。

これで完璧!?です。
とりあえず、車のトランクに常備しておくことにしました。
いつ使うことになるかなぁ・・・。