ギリシャ風景写真@ロンドン ヒースロー空港 待合所【魚眼】

greece656_cp.jpg
6月14日(土)
日本へ帰るときがきました。
9時の飛行機に乗るということで、ホテルで軽く朝食を取り、出発。
行きと同じく、アテネからロンドン経由で日本へ向かいます。
・・・が、アテネ発の国内線が約30分遅延。
ロンドンの乗り継ぎ時間は2時間程度のはずでしたが、1時間ちょっとしか取れなくなったということで、ヒースロー空港をダッシュ!・・・するもむなしく、タイムオーバーとのこと。
え?次の飛行機(ヴァージンアトランティック航空)は翌日までないの?
予定の飛行機に乗れないなんて!!?
やばいっすよ、予定到着日の翌日から会社っすよ!(汗)
このままだと無断欠勤になっちゃうよ。(いや、国際電話かければいいんだけど)
結局、ツアーのガイドさんが四方八方駆け巡ってくださったおかげで、ANAの日本行きに乗らせてもらえることになりましたが、それまでのロスタイムが半日以上・・・。
会社をもう一日休まなくてはならないという精神的不安もあり、相当なダメージを受けました。
(ついでに、喉が渇いたのでポンドに両替したら、すごく円安っぽく換金されてしまい、1000円で水一本プラスアルファ程度にしかならなかったというショック付。)
ガイドさんの説明によれば、ロンドンのヒースロー空港は最近セキュリティ強化により、出国までに相当な時間がかかるようになってしまったとのこと。
その辺を加味せずにツアー工程を組んでいるのはどうかとは思いましたが、個人旅行でこのようなトラブルに巻き込まれた場合、英語で交渉という事態に巻き込まれることを考えたら、やっぱりツアーでよかったなぁと思い直しました。
6月15日(日)夜、なんとか日本に到着。
なにはともあれ、無事に翌日出社できて本当によかった・・・。
これで、ギリシャ旅行は終了です。
記事を読んでいただいた方、ありがとうございました。
追伸
学生のころ、1月に卒業旅行と称してヨーロッパ旅行をしたのですが、今回と同じくヒースロー空港で吹雪による欠航という目にあいました。そのときの旅行はほぼ個人旅行に近かったので、状況把握から航空会社の窓口での交渉、そして保険会社への連絡と、本当に大変だった記憶があります。しかも空港で一晩泊まることになってしまい、メンバーが風邪に倒れる事態に発展。ヒースロー空港は鬼門かもしれないなぁ。せめて、待機時間中にロンドン散策とかできればまた違う感想を言えるのでしょうけど・・・。

ギリシャ風景写真@アテネ プラカの街【魚眼】

greece644_cp.jpg
6月13日(金)
プラカ地区の中央、アドリアヌ通りは旅行客で賑わっていました。
写真を見ると、露天まで出ていますね。
結局、夕食はこの付近の「日本語メニューあるよ!」と声をかけられた店「ビザンティノ」で食べることに。オープンテラスでしたが、2~3千円くらいでそれなりのものを食べることができ、しかも美味。
アテネで最初に食べた、ツアー付属の昼食と比べると天と地の差です。
うーん、これが本当のアテネの料理か!と思わずうなりました。
最後に、ちゃんとした料理を食べることができてよかった・・・。

ギリシャ風景写真@アテネ プラカの街【魚眼】

greece636_cp.jpg
6月13日(金)
夕方、アテネ中心部に到着。ホテルは「パークホテル」という、ごく一般的なホテル。
夕食は各自で調達することになっていたため、飲食店やお土産店などで賑わう繁華街、プラカに出かけました。
エーゲ海のお土産といったら「塩」かなぁなんて思っていたので、土産店に行ったら必ず塩を探していたのですが、なぜかこれまで発見できませんでした。
しかし、さすがはプラカ。ちゃんと売っていましたよ、塩。
(ちなみに、現在使っていますが、期待に反さず、美味でした)
この街ならば、なんでも揃いそうですね。
少し山の手に入ると、写真のようなレストランっぽい店が並んでおり、屋上の席ではアクロポリスのパルテノン神殿を眺めながら食事ができることをウリにしているようでした。
そういえば、リカビトスの丘というところからだと、アクロポリスの夜景がすごく綺麗だとガイドブックに書かれていました。行ってみたかったのですが、地下鉄やケーブルカーを利用するため、夜は治安が悪いかも・・・ということでパスしました。
宿泊しているホテルの最上階にあるラウンジバーでも、同様の夜景を楽しめそうでしたが、これは値段が高すぎてパス。ワインがグラス一杯千円以上ってどういうことやねん!
夜景を見なかったことだけがちょっとだけ心残り、かな。

ギリシャ風景写真@サントリーニ フィラの街【魚眼】

greece619_cp.jpg
6月13日(金)
もうそろそろ帰途につく時間ということで、ミコノス島のお店で見たときからずっと気になっていた、ヒット曲のCDを買う決心をしました。
以前、台湾に旅行に行ったとき、流行っているらしい歌手のPOPSアルバムを買ったら結構よいお土産になったので、再びここでも!という思いからです。
商店街を歩いショップを発見。(写真の右側に写っているのがそのお店)。
ベストヒットと書かれているCDアルバム、「The Aegean Sea(エーゲ海)」他、1枚を購入。
エーゲ海の島々で撮影した写真が歌詞カードの代わりに付いており、ミニアルバムっぽい感じでなかなかよさそう・・・だったのですが、帰宅して聞いてみると・・・なんか微妙でした。
そういえばCD1度しか聞いてないな・・・。

ギリシャ風景写真@サントリーニ島 フィラの街【魚眼】

greece615_cp.jpg
6月13日(金)
サントリーニ島の夕日もよかったですが、写真としての個人的な最高傑作がこれ。
港からフィラの街までを結ぶロープウェーの発着場のそばから撮ったものです。
妻に「ここから撮ってみたら?」と言われて、指示通りに撮ったものですが、地球の丸さがよく分かる?面白い写真になりました。

ギリシャ風景写真@サントリーニ島 フィラの街【魚眼】

greece596_cp.jpg
6月13日(金)
ガイドブックによく出てくる風景の写真を無事にカメラに収め、ホテルへの帰途に何気なく撮った写真。
電柱と電線が写真の中央にあるので、あまり使えない感じの写真ではあるのですが、コントラストがはっきりしていて個人的に気に入ってる写真なので紹介します。
あぁ、なんでこんなところに電柱建ってるの~!

ギリシャ風景写真@サントリーニ島 シンボルっぽい風景

greece582_cp.jpg
6月13日(金)
少し歩いて到着した場所は駐車場。ここが?という疑問を胸に抱きながら海側の端に立って下を見下ろすと、確かに見覚えのある風景を発見。サントリーニ島を紹介するガイド誌の表紙をよく飾る風景でした。
写真は望遠レンズで撮影したもの。
カメラマンはよくこんな場所を見つけたものです。

ギリシャ風景写真@サントリーニ島 フィラの街【超広角】

greece561_cp.jpg
6月13日(金)
サントリーニ島3日目を迎えました。
楽しかった島めぐりも、今日で終わりです。
朝一番で、よくサントリーニ島のシンボルとして旅行ガイド誌に利用される風景という場所を見に行くことにしました。
道を歩いていると、写真のような奇妙な風景に遭遇。
ドラ●もんの「どこでもドア」みたいな感じで、お店の入り口のドアだけが道に並んでいます。
ここって、断崖の上という立地から、レストラン等、海の眺めをターゲットにしたお店は断崖の中腹?くらいにあるんです。
そんなわけで入り口を入るとすぐ階段を下りることになるので、こんな作りになったんでしょう。
意外と絵になりますね。

ギリシャ風景写真@サントリーニ島 イアの夕日

greece488_cp.jpg
6月12日(木)
日没寸前を、望遠レンズで撮ってみました。
海に沈む夕日をこんな感じ(望遠)で見たのは初めてです。(笑)
いいですねー。
日が沈むと、どこからともなく拍手が起こりました。
気づけば、夕日を眺めていた人全員が拍手していました。
感動的な瞬間というのは、万国共通なんだと改めて思いました。
その後はバスでフィラの街へ。
夕飯は、フィラの商店街にあるファーストフード店へ。
また凝りもせずにギロを買ってしまいました。
ポテトも買ってテイクアウト。日本のマックみたいなもんですかね~。

ギリシャ風景写真@サントリーニ島 イアの夕日【魚眼】

greece282_cp.jpg
6月12日(木)
ついに太陽が沈み始めました。
ここから何十枚も写真を撮っているので、どの写真がベストショットなのかすごく悩んでいるのですが、とりあえず1枚紹介しておきます。
夕日に照らされる白い壁が幻想的な雰囲気を強めています。
一生思い出に残る風景になりました。

ギリシャ風景写真@サントリーニ島 イアの展望台にて【超広角】

greece221_cp.jpg
6月12日(木)
日没まであと1時間程度という感じになってきたので、ベストスポットを探してうろうろ・・・。結局、最初に来たときに見つけた展望台の隅っこ(この写真の場所)に陣取ることにしました。
すでに夕日を見るために観光客がちらほら場所取りを開始。
余談ですが、私は人からモノを頼みやすそうな顔をしているのか、よく観光場所等で写真のシャッターを押してください、とか言われます。
てっきり日本だけかと思ったら、万国共通らしく・・・ここでも各国の皆さまから写真を撮って欲しいとか、そのカメラいいですね、とか色々と話しかけられてしまいました(笑)
もっと英語が堪能だったら、話も弾むんでしょうけど・・・。

ギリシャ風景写真@サントリーニ島 イアの街【魚眼】

greece164_cp.jpg
6月12日(木)
まだ夕暮れには時間がありそうなので、もう少しイアの街を探索。
基本的に崖の上に、斜面に沿って家々が建っているので、平坦な道はほとんどなく、なだらかな階段、坂道ばかりです。
照りつける午後の強い日差しの中、日陰を見つけて休んでいる大きな犬を発見。
この後、何かの骨を加えてどこかへ歩いていきました。
そういえば、この街の犬は基本的に放し飼いでしたが、特に人間に向かってきたり、逃げたりしませんでした。人間社会と共存している感じです。
猫も多いらしいですが、あまり見かけませんでした。
話によれば、朝方はたくさんいたとのこと。日が出てからは暑いからどこかに隠れているのかな。

ギリシャ風景写真@サントリーニ島 再びイアの街へ【魚眼】

greece098_cp.jpg
6月12日(木)
昼食後、フィラの街に戻り、宿泊しているホテルのそばにある考古学博物館へ。
ガイドさんが英語でしゃべって説明し、ツアーのガイドさんが訳すという感じでした。
展示内容は、サントリーニ島から出土した”つぼ”とか・・・。
博物館は結構好きなのですが、今回ばかりは早くイアの街に戻りたい(夕日を見る場所を確保したい)と、早く終わることを祈るばかり。
午後3時頃にツアーから開放され、急ぎバス停へ。
直行バスに乗り、約30分で再びイアの街に舞い戻りました。
写真は、イアの街のバス停すぐそばにある教会。
白い壁、青い屋根というスタンダードなつくりですが、真っ白、真っ青というのは綺麗ですね。
話によれば、毎週1回ペンキを塗りなおしているとか・・・。
日没まではまだ2時間程度時間があるようなので、しばし観光を楽しみました。
イアの街も観光名所なので、ところ狭しとお土産店がずらり。
今回の旅行の主なお土産はここで大体入手しました。
・エーゲ海特産品のお菓子、ピスタチオ(数袋も購入~かさばる!)
・日本だと化粧用の高級スポンジになってしまう海綿(1個数百円~安い!)
・サントリーニ島に行きたい!というきっかけを作った写真家の絵葉書、カレンダー(なぜか数千円!?高い)

ギリシャ風景写真@サントリーニ島 とある小さなシーフードレストラン【超広角】

greece091_cp.jpg
6月12日(木)
イアからまたフィラの街に戻る途中、小さなレストランで昼食タイム。
昨夜のような微妙な魚は出てきませんでした(笑)。
見渡す限り海ばかりというロケーション。
お客さんは私たち以外には、写真に写っている人たちのみ。
あの、離れ小島っぽい感じはちょっと面白いですね。

ギリシャ風景写真@サントリーニ島 イアの街並み【超広角】

greece043_cp.jpg
6月12日(木)
先ほど、夕日のベストスポットだと言われて写真を撮った場所からもう少し歩いた場所に、展望台を発見。崖の上のイアの白い街並みと空、海のコントラストがよく現れる風景を見ることができました。風車もありますね。
そこかしこに、プールを備えた小さなホテルが並んでいるようですが、こういうプチホテルは個人旅行じゃないと予約できそうになさそうです。