カテゴリー : camera, outdoor

華麗なる一族のロケ地となった日本平ホテルを見学


nihondaira.jpg

本日は晴れ。

そこで、前から一度行ってみたかった、晴れた日には富士山をバックにした素晴らしい展望を拝めるといわれている静岡の日本平に行ってきました。

午後3時頃、日本平ホテルに到着。
日本平ホテルの庭園からの眺めは、確かに素晴らしいものでした。
晴れてて良かった・・・。

ここは、TBSの有名なドラマ、「華麗なる一族」ロケ地になったところです。

庭にある池は、もともとプールだったようですが、ロケのために池に改造したもの。
今はコイや亀が泳いでいます。

ホテルの4階にあるラウンジからはもっと素晴らしい景色が眺められるようでしたが、ケーキセットが1,000円を超えていたので、お財布と相談して断念。

本当はこの後、日本平ホテルのそばにある日本平ロープウェイを使って、徳川家康が没後に埋葬された久能山東照宮に行ってみようと思ったのですが、営業?時間が16時までとのことだったので、今から行っても十分に見ることができないと、これまた断念。

仕方がないので、静岡市古宿にある江戸・駿府・徳川をテーマにした温浴施設、「すんぷ夢ひろば」に行ってみました。

yumehiroba.jpg

「すんぷ夢ひろば」には、徳川家康の生涯を蝋人形などをまじえて解説している展示館「徳川家康ミュージアム」(18時まで営業中)があります。入館料一人300円。
終始徳川家康びいき、駿府(静岡県)びいきの語り口で、最後には「当時は徳川家康が、自身の理想郷である駿府において、日本を、世界を動かしていた!」といったような解説文が複数個所に掲載されているくらい(笑)。
しかし、日本史好きの我が家としては、家康側の目線から見た生涯の流れをじっくりと学ぶことができて、とても充実した時間でした。
また、館内の蝋人形はとてもリアル。一部のシーンは蝋人形ではなく、人型にした板?みたいなもので代用されていたのが気になりましたが、行かれる方は、ぜひその精巧さを間近で確認してみてくださいネ。

余談ですが、「すんぷ夢ひろば」は少し前まで倒産して閉館していた場所。当時、徳川家康ミュージアムの入館料が1,000円とか、割に合わない価格設定が影響したのでしょうか・・・。
最近、再建のための会社が設立され、値段も相応のものになって復活しました。
ぜひ頑張ってもらいたいものです。

○同じような話題をテーマにした人気サイトのランキング

2009年11月 6日

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.emdesire.com/mt/mt-tb.cgi/248

コメントする

カウンタ総計