カテゴリー : car, shopping

新車ヴィッツ F"Limited" (SCP90) 納車直前レポート(ナビとスピーカー取付)


vitsnew1.jpg

【関連記事】
○【レビュー】アルパイン カーナビ リアビジョンナビ X08プレミアム(VIE-X08)
○【レビュー】アルパイン X08専用VICS電波/光ビーコン「HCE-T062」
○【レビュー】アルパイン  16cm2ウェイコアキシャルスピーカー「STL-16C」
○【レビュー】アルパイン パワードサブウーハー「SWE-1000」を取り付け
○【使用後レビュー】アルパイン カーナビ「VIE-X08」、VICS電波/光ビーコン「HCE-T062」、スピーカー「STL-16C」、パワードサブウーハー「SWE-1000」

先日、アルパインのナビ、X08プレミアム(VIE-X08)、VICS電波/光ビーコン(HCE-T062)、16cm2ウェイコアキシャルスピーカー(STL-16C)を購入したという記事を書きましたが、肝心の新車についてはあまり触れていませんでした。

購入した新車は、トヨタ ヴィッツのF"Limited" (SCP90)の1.3Lモデル。
標準的なクラスであるFグレードをベースに、スマートエントリー&スタートシステム、電気式バックドアオープナー、イモビライザー、ディスチャージヘッドランプ、内装の一部へのメッキ加飾を追加した特別仕様車です。
トヨタのホームページ:http://toyota.jp/vitz/limited/index.html

色は、ミディアムシルバーメタリックにしました。

ただ、その辺にたくさん走っているヴィッツとまったく同じでは、自己満足に浸れないため、妻に頼みこんでトヨタ純正のエアロパーツもつけることにしました。笑
でも、ドレスアップの必需品であるアルミホイールはお小遣いの財布の中身と相談した結果、断念しました・・・。

納車までもう少しです。

さて、今日はディーラーで前述したアルパインのナビやスピーカーを取り付けるというので、無理を言って取り付け作業を見学させてもらいに行ってきました。

ついに新車とご対面!(上の写真参照:携帯電話で撮影したので画像が荒い点はご了承ください)
あれ、エアロパーツがついてない普通のヴィッツだ・・・。

内装の作業をすべて終えた後に外装にとりかかるとのこと。ちょっとエアロパーツ付のヴィッツを拝めると期待していただけに残念。

vitsnew2.jpg
↑ナビ取り付けのために、ばらばらにインパネ類が外されたヴィッツ・・・。
ナビが収まる部分には、ダミーの化粧パネルが鎮座しています。

vitsnew3.jpg
↑アルパインのナビ、X08プレミアム(VIE-X08)を取り付けた直後の様子。
あぁ、なんだか光を反射していて良い眺め・・・笑

vitsnew4.jpg
↑アルパインの16cm2ウェイコアキシャルスピーカー(STL-16C)がフロントドアに取り付けられた様子。ドアを半分くらい分解しないと、スピーカーって取り付けられないんですね。

vitsnew5.jpg
↑おまけ。エアロパーツの入った箱。このあと、パーツ取り付け作業にかかるそうです。
穴を開けたりいろいろと大変らしいため、見学するのは作業にさし障りそうと判断し、やめておきました。完成した形を拝むのは納車日までお預けです。

写真には撮りませんでしたが、ナビのGPS、TVアンテナ、マイク、VICS電波/光ビーコンなどの配線ケーブルを車の各所に隠す技の数々に驚きました。ケーブルが全然見えません。さすがディーラーさんです。私には絶対にマネできませんね(当たり前か)。

その出来栄えに感動して、ついでにETCとレーダーの取り付け&配線作業もお願いしてしまいました。笑

→いよいよ納車!「新車ヴィッツ F"Limited" (SCP90) 納車完了。」へ

○同じような話題をテーマにした人気サイトのランキング

2009年8月 5日

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.emdesire.com/mt/mt-tb.cgi/217

コメントする

カウンタ総計