インテリア ヴィッツ F Limited(SCP90)

【レビュー】アルパイン  16cm2ウェイコアキシャルスピーカー「STL-16C」

投稿日:2009年8月4日 更新日:

alspeak.jpg
【関連記事】
○【レビュー】アルパイン カーナビ リアビジョンナビ X08プレミアム(VIE-X08)
○【レビュー】アルパイン X08専用VICS電波/光ビーコン「HCE-T062」
○【レビュー】アルパイン パワードサブウーハー「SWE-1000」を取り付け
○【使用後レビュー】アルパイン カーナビ「VIE-X08」、VICS電波/光ビーコン「HCE-T062」、スピーカー「STL-16C」、パワードサブウーハー「SWE-1000」
アルパイン カーナビ リアビジョンナビ X08プレミアム(VIE-X08)を購入した記事を書きましたが、取り付けはディーラーさんにお願いしています。
自分で取り付けようかなんて最初は思ったのですが、大量の配線を見ているだけで頭がクラクラ・・・。一般人向けの取り付け説明書はついていないので、綺麗に取り付けられる自信がまったくありません。そんなわけでディーラーさんに有料で取り付けてもらうようお願い済。しかも無理を言って取り付けの見学もお願い済みです。笑
そんな中、ネットやカー用品店の店頭で、「車内の音楽鑑賞環境を良くするなら純正スピーカーを取り換えるのが手っ取り早い」という話を入手。我が家のパソコンにONKYOのスピーカー&ウーファーを用意するような私なので、そういう話には敏感です。
オートバックスのホームページ「スピーカーの基礎知識」によれば、"コストなどの問題で15W程度の入力しかできない純正スピーカーではオーディオの性能を十分に発揮できない"とか。
リアビジョンナビ X08プレミアム(VIE-X08)は音にも定評があるようですが、純正スピーカーではその良さも半減してしまうことでしょう。
・・・というわけで、この機会にスピーカーもアルパインのものに交換することにしました。もちろん、ディーラーさんに取り付けはお願いする方向で。
しかし・・・車関係の商品ってなんでこんなに高価なものばかりなんですかねぇ。VICS電波/光ビーコンなんていう小さな受信機でさえ2万円弱もしましたし・・・。
店頭では数万円もするスピーカーばかりが目立っており、必ずそういった商品がベストであることは間違いないのですが、もうそろそろ私のお財布のほうがまずい状態です。
そこで、選んだ商品は、たぶん市販のコアキシャルスピーカー(高音用のスピーカーであるツィーターを中低音用のスピーカーであるウーファーの同軸上の前面に配置しているスピーカー)の中では爆安であろう、アルパインのエントリースピーカー「STL-16C」にしました。7千円弱で買うことができました。
口コミ評価がまったく見つからず、とても不安ではありますが、今年発売された商品だし、アルパイン製なのでナビとの相性は良いはずです。
16cm2ウェイコアキシャルスピーカーで、定格入力は30W、瞬間最大入力は150W。一応、1万円程度の価格帯に位置するスピーカーと同等の機能を有していますが、アルパインがわざわざランク外の「エントリー」という位置づけを作ったのは少々気になるところ・・・。
「これまで乗ってきた車(ヴィッツ)より音が良くなった」という実感が湧くことを期待して、取り付けを待つことにしましょう。

アルパイン  16cm2ウェイコアキシャルスピーカー「STL-16C」楽天市場で検索する

-インテリア, ヴィッツ F Limited(SCP90)
-, ,

Copyright© トヨタ ウィッシュ1.8S(20系後期)プチカスタム日記(ヴィッツF limitedも) , 2018 All Rights Reserved.